FC2ブログ

彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

仮面 Mask IV

DSC05420b.jpg


















2019第3回植物園彫刻小品展 出品作


  1. 2019/10/15(火) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture

貞観 Jogan

DSC05445b.jpg


DSC05428b.jpg  DSC05454b.jpg ←クリックで拡大します













2019京都野外彫刻展 出品作
  1. 2019/10/14(月) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture

仮面「赤鼻」 Mask (Red nose) II

DSC04942b.jpg











CAF.N びわこ展 "CAF.N BIWAKO exhibition in Shiga Japan"2019 第10回記念展出品作
●会期  2019/9/3(水)~9/8(水)      
●会場  大津市歴史博物館 Ostu City Museum of History

  1. 2019/09/12(木) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:0

仮面 Mask III

DSC04953b.jpg











CAF.N びわこ展 "CAF.N BIWAKO exhibition in Shiga Japan"2019 第10回記念展出品作
●会期  2012019/9/3(水)~9/8(水)      
●会場  大津市歴史博物館 Ostu City Museum of History

  1. 2019/09/12(木) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:0

【箱鈴】 第4回 風の姿展 2019 出品作 "The form of winds"Exhibition work 〈Wind bell〉

DSC04751b.jpg










  1. 2019/08/03(土) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:0

立つ女

DSC04555b.jpg

DSC04601b.jpg

朽ち毀れた古代の彫刻-取り分けて私は平安時代前期の朽ちかけた木彫の仏像に強く惹かれます
1000年の時を経ても失せぬ、この世にあり続けることを義務ずけらたかのごとき生気
生きながら腐ってゆくかのごとき凄まじさ
最澄や空海、円仁や円珍といった平安時代の高僧たちが目にしたヒトの生涯の有様とは如何様なものだったのか
傷つき朽ちかけた仏像たちにこそ却って当時の人々の有様が刻印されているような気がします

この作品を御堂筋アート 銀泉備後町ビル玄関ホールに展示します
こんなものを玄関に飾っていただけて感謝しています


















  1. 2019/05/12(日) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:2

【ネフェルティティについて】 About Nefertit

DSC04506b.jpg

ネフェルティティは古代エジプトの伝説の王妃です
ベルリンの博物館に有名な胸像があります

題名の由来というほどのものか、
時と共に、いくら精緻に作られた物も古びてしまう
しかしながら古びて傷んでホコリだらけになりながら尽きせぬ魅力を放ち続けるものがある
「美しさ」とは一体何であるのか











  1. 2019/04/03(水) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:0

木に棲む Living in tree (The 3rd Art Summit On the 御山-Miyama 出品作)

[木に棲む]について

以前善通寺の境内での展覧会に参加した際に出品させていただいた[木に棲む森に棲む]という作品と同じ手法とコンセプトに基づいて制作しています。
善通寺へ初めてお参りした際、境内に生えるおそらくは樹齢千年は超えるかと思われる樟に圧倒されました。
意思と精神的な何かを宿すかのような巨木の姿。
古来日本人は大木巨木に神あるいは神の依代を認めてきました。そんなことがすんなり得心がいく経験でした。

この作品で私は木に感じる人格と同様の精神的な何かをマスクを木に取り付けることによって表したいと思いました。


搬入設置を快く引き受けてくださった展覧会代表の貴志さんには
制作意図を酌んだ展示をしていただきました
また地元香川県にお住まいの月萌さんにはみごとな画像資料を提供していただきました
お二人ありがとうございます


IMG_014420181021 FSb


IMG_014320181021 FSb

IMG_330620181026ABFSb.jpg


IMG_014720181021 FSb

IMG_015120181021 FSb

IMG_332920181021 FSb

IMG_333120181021 FSb

IMG_327120181021 FSb























  1. 2018/10/27(土) 23:59:59|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:2

鳥頭 Bird head woman

IMG_0006b_20180620120250d45.jpg

第6回世界文化遺産姫路城現代美術ビエンナーレに出品します


何時のころからなのか
異形の者に惹かれるようになりました。
あるいは異形の者たちをモチーフとした作品に

ギリシャローマや唐宋の端正で整った美もさることながら
(例えば大量殺戮兵器を使って特になんの感情もなく人を殺し
我が家に帰れば我が子を愛するよき家庭人の父親であるような)
理不尽で矛盾だらけの人間をどう表せばいいのか
それは醜くはあっても何か逞しく生きる希望を感じさせる形であってほしい
衰弱と滅亡を甘美に歌うものであってもいいのですが

















  1. 2018/06/30(土) 01:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:0

トルソ Torso  -野外彫刻展 出品作(於:京都府立堂本印象美術館) Outdoor sculpture exhibition Listed work (at Insho-Domoto Museum of fine art)

野外彫刻展  (於:京都府立堂本印象美術館) 出品作です
京都は桜が今満開ですぜひお越しください
http://sketchbookbysculptor.blog.fc2.com/blog-entry-92.htmlの記事で紹介した作品です



015b_20180330235041c53.jpg


以下は会場のボランティア解説員用の資料として提出した文書です

「私は発掘された埋蔵文化財や骨董品など古いものが大好きです
古い仏像もよく見に出かけます
有名寺院の国宝寺宝などは言うに及ばず寺宝館の片隅にある欠けたり
朽ちたり焼けて炭になってしまった仏様にかえって強い存在感と尽きせぬ
魅力を感じたりするのです
そのような感銘がこの作品の制作動機になっています
元々はモデルを前に顔も腕もちゃんと作りました。その後意図する表現と
関係のないものを省いて削っていき、作品表面も時間の経過を表現する
ためにわざと荒れたように仕上げました
ちゃんと仕上がっていないし不完全なのに「美しい」と思えるものにすること
それがこの作品の制作意図です

材料のFRPとはガラス繊維を絡ませ馴染ませ強度を上げたプラスチック
のことです。身近なところでディズニーランドやUSJの造形物や着ぐるみ
ヘルメットやサーフボードにプレジャーボートなど様々なところに使われています

彫刻でいえば奈良時代に盛んになった
たとえば阿修羅像などに用いられている脱乾漆の方法
(布に漆を絡ませ馴染ませ強度を上げて同時に軽量化も図る)を
現代風にアレンジしたものとも言えます

プラスチックのことを樹脂(樹の脂)ともよぶことと関係があるのかも
しれませんね」
*一部改訂










  1. 2018/03/31(土) 06:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:2
次のページ