fc2ブログ

彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

制作のためのデッサン II

これも軸足(向かって右の足)と頭部の位置関係に留意しながらのデッサンです
また頭部の大きさもなかなか頭を悩ますポイントです
忠実に写すのか自分のフォルムを追及するのか

世に言う「写実」なんて言葉の空虚さ定義づけの難しさを感じる瞬間です


scan-014b_202205251758228f9.jpg







  1. 2022/05/29(日) 18:00:00|
  2. 人体デッサン  Human body drawing
  3. | コメント:0

制作のためのデッサン I

何だか私みたいなのにもリクエストが来て
制作のためのデッサンを見せてほしいと

これはブッキングしたモデルさんにいろいろポーズをみせてもらい
いくつかの候補からこれで行こうと決まってから
なんとなくペンを走らせ見えてるシルエットから自分のイメージを引っ張り出そうとしているもの
一番気を使ってるのは軸足(向かって右の足)と頭部の位置関係です


実物参照できない状態ならもっとカッコよさげな好きなこと言えるんですが(笑)
こういうものを公開するのは下着の中を見せるような恥ずかしさがありますなあ


scan-001b_202205251734201ab.jpg






  1. 2022/05/27(金) 23:00:00|
  2. 人体デッサン  Human body drawing
  3. | コメント:0

東山 Higashiyama -East hills of Kyoto XXXIV

scan-025-b.jpg




京都彫刻家協会展は無事終了しました
おこしくださった皆様ありがとうございました


















  1. 2022/05/12(木) 23:00:00|
  2. 京都東山 Eastern hills of Kyoto
  3. | コメント:5

The worst fool of the 21st century

今年もレオナルドダヴィンチの命日5月2日が巡ってきました
没後503年ですね
500年以上前に死んだ人かあ・・・・・
仲のいい知人にレオナルドダヴィンチの誕生日4月15日生まれと命日5月2日生まれがいて
覚えてしまったのです



きょう投稿の画像は3月2日に投稿したものに手を加えたものです
もうすこしなんとかならないかなあ
と いじりだすと
上段から中段になり
・・・・・・やりすぎたかぁ
と 下段のものが最新です

・・・・・・・上段のものまでにしとけばよかった かな
3月2日のままがよかったのかも
第一こんな男の肖像になに躍起になてるんだか

グダグダそんなことを想いながら
制作なんてこんなもんだ
人生なんてこんなもんだと(笑)


IMG_0003b<br />_202205011640317b7.jpg


IMG_0003b_202205011640345d9.jpg


IMG_0004b_20220501175938c88.jpg







毎日「彼」のせいで世界中が陰鬱な気分にさせられますね
ロシア軍兵士の若者たちは「彼」に心酔するほど馬鹿じゃないと信じています
改めてマーヴィン・ゲイのこの曲を聴いて
アップテンポのノリのいい曲だと思っていたのに涙がにじむ思いです






  1. 2022/05/05(木) 14:00:00|
  2. 肖像 Portrait
  3. | コメント:4

女 Woman

2022京都彫刻家協会展に出品します
DSC07945b.jpg

ヒトの命ヒトの営みについてはいろんな事を想います

他人を粗末にする残忍さ浅ましさ
他人を殺してでも生き抜こうとする映画エイリアンの生物を思わせる行動など
ずっと考えてきたことですが

一人の狂った王の始めた戦争よって毎日ニュースで見ることになるとは・・・・
自分の日々の暮らしまで影響を被るとは・・・・

ヒトとは何者か?
個人を表す顔がどうにも邪魔になってしまいました













  1. 2022/04/29(金) 21:00:00|
  2. 彫刻 Sculpture
  3. | コメント:2

出品展示のお知らせ Exhibitions Information

以下の展覧会に出品します 
Will exhibit at the following exhibitions. Those who live nearby. Those who are near. Please come.
水嶋の過去の展覧会情報をご覧になりたい方は下の「続きを読む」を
クリックしてください






続きを読む
  1. 2022/04/26(火) 21:00:00|
  2. お知らせ Information
  3. | コメント:10

紫木蓮 Magnolia liliflora XIII

IMG_0001b_20220203001610b40.jpg

丹波福知山の実家のシモクレンは花期が遅くてもう少ししたら咲き始めます
今年もきれいに咲くかな










  1. 2022/04/22(金) 23:00:00|
  2. モクレン Magnolia Liliiflora
  3. | コメント:6

紫木蓮 Magnolia liliflora XII

IMG_0002b_20220203001611e8f.jpg

なんかバタバタしてたら4月も半ば
ホントに年齢重ねるたび時間が経つのが早い
一月は行く、二月は逃げる、三月は去る
ですか
まあこの三カ月だけじゃなくこの数十年を同様の思いで振り返るわけですが
十代は行く、二十代は逃げる、三十代は去る って(汗
もう少し行ってるけど(笑)

でも気ままに生きて
したいことして
生きてきた自分は幸せ者ですかね
(と言い聞かせる(笑))











  1. 2022/04/12(火) 21:00:00|
  2. モクレン Magnolia Liliiflora
  3. | コメント:8

天上天下唯我独尊 I am the only one in the world

IMG_0001b_20210108223507908.jpg

釈迦は実在の人とされていますが
マーヤー夫人の右脇から生まれいきなり7歩歩み
右手を上に左手を下に「天上天下唯我独尊」と発せられたとか
これってかなり異常なことですよね
というかこの部分だけが空想譚めいていて
原始の仏教らしくないというか・・・・・
そんなことを想います

偉人伝説のプロローグとしてはね
いいですねえ 絵になります(笑)











  1. 2022/04/08(金) 00:00:00|
  2. 話の挿絵 歌の光景 Illustration of story and song
  3. | コメント:2

The worst fool of the 21st century  Худший дурак 21 века

Vladimir-Putin-009-2右手w

When I met Hitler the other day, he said, "He surpassed me."
Congratulations P.
I also met Chaplin. He said,
"No one in the world has been ridiculed by people for stupid acts like him! He's amazing! He's surpassed me!"







  1. 2022/03/21(月) 02:00:00|
  2. garbage
  3. | コメント:0

鴨川にて At Kamo-river (東山 Higashiyama -East hills of Kyoto XXXIII)

鴨川にて

関西美術院展に出品します












  1. 2022/03/15(火) 00:00:00|
  2. 京都東山 Eastern hills of Kyoto
  3. | コメント:0

河 River

IMG_0001b_20220313213347345.jpg

関西美術院展に出品します














  1. 2022/03/14(月) 00:00:00|
  2. 鴨川・賀茂川 Kamo - gawa river
  3. | コメント:2

ひな祭り Doll Festival 2022

IMG_0002b_20220302154405f2b.jpg

平和な国ですよね日本は
大の大人の男がこんなイラスト描いて喜んでね(笑)

女性の皆様 いつもありがとうございます
二月は逃げると言いますが本当に早いですね








  1. 2022/03/03(木) 06:00:00|
  2. 行事 その他 Event and Others
  3. | コメント:0

狂った王の肖像  Портрет сумасшедшего короля

IMG_0001b_20220302143921026.jpg

まさか
生きている間にこのような狂った王の所業を
同時代の人間として見聞するとは思いませんでした

かのソルジェニーツィンは「彼」をとても高く評価していて
たしかピョートル大帝の再来と称賛したんじゃなかったでしょうか
そんなことも含め残念でなりません

狂った王の肖像というと
私はジョルジュ・ルオーという近代フランスの画家の
「老いたる王」という絵が思い浮かぶのですが
それにしたって中世の叙事詩かシェイクスピアの戯曲に登場しそうな
教会のステンドグラスにでも描かれそうな
そんな時代がかった姿です

私のようなものが一言で片づける無礼をお許しいただくなら
権力と富を握った者が決して幸福に過ごせるとは限らない
ヒトは日々の暮らしのささやかな喜びを心の糧とし生涯を全うすべきである
それを古い時代の王の姿を借りた寓意としてあらわした
ルオーの透徹した人間観察がもたらした傑作です

左手に握った白い花はわずかに残るこの老人の人間らしい心なのか
決して身も心も悪魔として表現しないルオーの優しさなのか・・・・
狂ったとしか言えない「彼」の心にも
白い一輪の花が残っていることを祈ります

1497907614.jpg

Ни за что
Работа такого сумасшедшего короля при жизни
Не ожидал увидеть в тебе человека той же эпохи

Солженицын высоко ценил «он»
Думаю, он похвалил Петра Великого за его возвращение.
извините, в том числе и это

Портрет сумасшедшего короля
Я Жорж Руо, современный французский художник.
На ум приходит картина "Старый король".
Тем не менее, он, вероятно, появится в средневековых эпосах или пьесах Шекспира.
Вроде даже на витражах церкви нарисовано
Это такой эпохальный вид.

Если вы простите меня за грубость, которую кто-то вроде меня может сделать одним словом
Те, у кого есть власть и богатство, не всегда счастливы.
Люди должны жить с маленькой радостью повседневной жизни как пищей для своих сердец.
Я выразил это как аллегорию, заимствованную из внешности старого короля.
Это шедевр, созданный благодаря прозрачному человеческому наблюдению Луо.

Является ли белый цветок, который держат в левой руке, человеческим сердцем этого старика, которому осталось немного?
Это доброта Луо, который никогда не выражает свое тело и ум как дьявол?
Даже в сердце «своего», о котором можно только сказать, что он сумасшедший
Я молюсь, чтобы остался один белый цветок
  1. 2022/03/02(水) 22:00:00|
  2. 肖像 Portrait
  3. | コメント:0

雨水 Rainwater-When the falling snow turns into rain and the thaw begins (out of the 24 seasons in Japan)    Colours CV 

IMG_0008b_20180209131305a6c.jpg

24節季にあわせてつくったわけでもなく
新作ってことでもないのですが
公開のタイミングがなかなかなく

ということで










  1. 2022/02/19(土) 00:00:00|
  2. 色彩研究 Colour study
  3. | コメント:0

鴨居玲について Respect for Rey Camoy XXVII

IMG_0002b_202202171956090e5.jpg
【村の教会】1973 による
Copy from "Village church"Rey Camoy work

鴨居玲の全作品に目を通したわけではありませんが
彼がスペインへ行ってから描く教会には出入り口も窓もありません

たしかゴッホの描く教会も出入り口がなかったような















  1. 2022/02/18(金) 00:00:00|
  2. 鴨居玲 Rey Camoy
  3. | コメント:0

鴨居玲について Respect for Rey Camoy XXVI

IMG_0001b_202202112342570b5.jpg
【教会】1971 による
Copy from "Church"Rey Camoy work
*He was not the king of Spain. Rey is a notation of the name.


鴨居玲はキリスト教に対して信心があったわけではないようですが
スペインに渡ってから否が応でも関心を持たずにいられなかったようです
彼が描いた風景画は教会のみと言えるようです
それも初期の物を覗けば心象のなかでのみ存在するもの

彼が好んでモチーフに取り上げたヒトの営みのやるせない一面や
彼の辿った生涯とその終わらせ方を想うと
心のどこかで救いを乞うていたのかもしれませんね











  1. 2022/02/13(日) 00:00:00|
  2. 鴨居玲 Rey Camoy
  3. | コメント:0

北山 Kitayama -North hills of Kyoto-XXXIX

IMG_20210109_0002b.jpg

去年の秋から生活が激変していまだ生活のリズムがうまく整えられないでいます
今日は久々に仕事帰りに京都御所に立ち寄りスケッチしました
そのスケッチはまたいずれ
今日は以前描いた鴨川からの北山です

って未発表だよねこれ
似たようなのばかり多くて自分でも忘れてる時があったりで(笑)

更新を相当サボってるこのようなブログに
愛想尽かしをせずいつも訪問くださる方々
本当にありがとうございます!












  1. 2022/02/09(水) 00:00:00|
  2. 京都北山 Northern hills of Kyoto
  3. | コメント:0

桂川にて View from Katsura River

IMG_0004b_20220130214229f21.jpg

いつの間にか一月も今日で終わり
年賀状から初めての更新になってしまいました

皆さんいつもありがとうございます















  1. 2022/01/31(月) 00:00:00|
  2. 京都 Kyoto
  3. | コメント:0

あけましておめでとうございます

IMG_0002b_202112311758425a8.jpg

みなさま 本年もよろしくお願いいたします
本年が皆様にとって良い年になりますように







名称未設定 1
 本年もごひいきに






  1. 2022/01/01(土) 00:00:00|
  2. 版画 Print Work
  3. | コメント:2

Leaves collection LXV (ケヤキ Zelkova)

IMG_0005b_202112311733186f2.jpg

今年もなんだかあっという間
いつもご訪問ありがとうございます

今日も仕事をしていつもの日常をこなしていたので
今年最後の日と言われても
実感がわきませんなぁ

皆さんはよい年をお迎えください・・・・・・

と言っても何時間か後には新年のご挨拶となりますが(笑)
では後でまた









  1. 2021/12/31(金) 18:00:00|
  2. 葉 Leaf
  3. | コメント:0

Leaves collection LXIV

IMG_0006b_20211002104813abc.jpg
ハナミズキ

落葉の季節と師走が同時ですね
皆さん記事更新のない時もご訪問本当にありがとうございます
しばらく記事を書く余裕が有りませんでした
どなた様もお忙しいでしょうが
私はしなくてはいけないこと掛け持ちは本当に苦手です






















  1. 2021/12/19(日) 10:00:00|
  2. 葉 Leaf
  3. | コメント:0

クルミの木 Walnut tree

同じ木をまた

IMG_20210109_0008b.jpg

あっという間に肌寒くなりました
みなさまはお元気ですか

何だか京都は賑わいが戻ってきました
週末の東山通りは渋滞するようになりました
メディアで取り上げられたお店には行列もできています
最近宇治の平等院近くへ通う用事ができました
近くに宇治橋通り商店街というJR宇治駅から平等院へ続き
しかも中村藤吉本店や辻利といった
抹茶スイーツの超有名店が並ぶ通りがあるのですがそこも人通りが戻り活気がでています
日本国中この賑わいが続くといいですね


















  1. 2021/11/14(日) 19:00:00|
  2. 木 Tree
  3. | コメント:0

ドングリ Acorn   Seek Seed XV

IMG_0001b_20210102182323545.jpg

小さい頃は
というかかなり大人になっても
ドングリというのはこのカシとかシイの木の実
楕円形ラグビーボール型のものだけをさすと思ってましたが
見た目栗見たいなクヌギの実とかもドングリだと知りました

実家はすぐそこ里山みたいなロケーションですが
意識して「全ドングリ制覇」なんて思ってみたことないので知りませんでした
近くの神社の境内には秋になると辺り一面目一杯シイの実が転がっていて
それがドングリで一種類だけを指すと思ってました

で これは何のドングリかと言いますと
たしかアラカシ・・・
だった・・・
ような・・・















  1. 2021/10/10(日) 20:00:00|
  2. 種 Seed
  3. | コメント:2

比叡山 Mt.Hiei XXXV

IMG_0030b_202105101449002c0.jpg

紙がしわしわになったところがテカってうまくスキャンできません
実物とはちょっとニュアンスが違いますが













  1. 2021/09/29(水) 00:00:00|
  2. 比叡山 Mt.Hiei - zan
  3. | コメント:0

瀬戸内海の風景 XXXVIII 三原 View of Japanese inlandsea Mihara

IMG_0012b_202105101436147b8.jpg

眺めのいいところだったなぁ。。。

*広島県三原市の
道の駅みはら神明の里 より
三原港沼田川河口を望む


















  1. 2021/09/19(日) 00:00:00|
  2. 瀬戸内海 Japanese inland sea
  3. | コメント:2

石彫小品3点 Stone carving pieces

何年か前お寺の境内整備をやらせていただいた時に
小さな石のカケラを使って楽しみながら作りました


107b_20210910112204dab.jpg
イヌ


112b_202109101122050b6.jpg
タイ


115b_20210910112207f6b.jpg
イノシシ


117b.jpg
お地蔵さまと
*中央のお地蔵さまは私の作品ではありません














  1. 2021/09/10(金) 18:00:00|
  2. 石彫 Stone Carving
  3. | コメント:0

レポート:第5回風の姿展

風の姿展の様子を紹介します
今回も私は会場に行けませんでしたので
紹介画像は全て出品者の植本さんにお願いして提供していただきました
植本さんありがとうございます

では紹介していきましょう♪
アイウエオ順 敬称略


izutuSb.jpg
会場の讃州井筒屋敷中庭です




uemotoSb.jpg
植本多寿美

この記事の画像を快く提供というかわざわざ改めて撮影に出向いてくださいました
本当にありがとうございます
植本さんは元々機械設計がお仕事のエンジニアなのですが
初めてご一緒したアートサミットオンザ御山で
ペットボトルを材料に豊富な機械設計の経験と知識を生かした
完成度の高いキネティックアートで実行委員長の貴志さん(この展示も)をうならせました
この風の姿展には毎回回転という難易度の高い動きで興味深い作品をつくられています





ookawaraSb.jpg
大河原誠人




kishiSb.jpg
貴志勉

貴志さんはこの展示の中心としていつもお世話になっています
本職は陶芸家として活動されています




satoh fSb
佐藤富士夫




satoh ySb
さとう ゆうじ




sugiharaSb.jpg
杉原淳平

杉原さんは水墨を主な材料に画家として活発な活動をされています




sugimoto 1Sb

sugimoto 2Sb
杉本公和




somehitoSb.jpg
染仁




tanakaSb.jpg
田中保基

田中さんは一時途絶えていた高松松平家のお庭焼きの讃窯の名前を受け継いで活動されている陶芸家です




naritaSb.jpg
成田浩彰




hayashiSb.jpg
林 巖石




higuchiSb.jpg
樋口 聡





hiranoSb.jpg
平野年紀




mizushima 1Sb

mizushima 2Sb
拙作です

こうやって見ると私のはステレオタイプですねぇ
5回目10年目ともなると初回から出してる方はどんどん自分の趣向を磨かれて面白いですねえ
私だけただの風鈴て感じ
音出すことにこだわりすぎかなあ・・・・・・・

















  1. 2021/08/18(水) 00:00:00|
  2. 参加展覧会レポート Exhibition Report
  3. | コメント:2

レポート:2021姫路城現代美術ビエンナーレ

IMG_0001b_20210527130628049.jpg

先日開催された姫路城現代美術ビエンナーレの参加レポートです
新型コロナ禍の中予定の方が参加を見送られたり
ご本人が来られず作品の搬入展示が上手くいかなかったりと
事務局の方々の大変なご苦労の末実現しました。
改めて御礼申し上げます

では参加者のお名前と作品を順にご紹介します
作品についてのコメントなどは公式のものでは無く
全く水嶋個人の感想によるものです
またコメントの有無が関心の有無ということではありませんのでおことわりしておきます
(順不同 敬称略)




DSC06672b.jpg
Gene Johnson (アメリカ)

アメリカの画家には先入観がありまして
ケレン味タップリにブラシストロークを見せたり
明暗色相のコントラストをやたら強調したりというものですが
この絵は三角柱の組合せの主モチーフとバックという
非常にシンプルな構成になっており筆の速度もゆっくりで丁寧
幾何形体を描いた具象画と言っても差し支えありません
こういう人もいるんですね
当たり前か






DSC06619b.jpg

DSC06620b.jpg

DSC06621b.jpg
吉田哲夫

吉田さんはあたかも湧くように画想が出て来るようです
作品にはいつも創作の喜びが満ち満ちてます

こういう吉田さんのように制作が歓びになる人もいれば
苦行になっちゃう人もいますね





DSC06624b.jpg
生島豊昭

時間が経過した表情を持つ素材の味 表情の豊かさ
私達が日常生活のそこかしこで見ているものです
「新品」で「完全」なものだけが「美しい」訳ではないと
作者の主張が聞こえるようです





DSC06626b.jpg

DSC06627b.jpg
今里朱美

今里さんの作品は抽象表現主義と呼ばれた動向の後継と見なせなくもありませんが
各絵具の明暗差がぎりぎりまで絞られて
また明度も黒になる寸前に設定されており
補色関係の色相差ですらほとんど埋没しています
因って抽象表現主義が好むハイコントラストを多用したドラマチックな激情ではなく
情念の澱みとでも呼べる鬱屈した叙情の表現に成功しています


今里さんには事務局の中心として大変お世話になっています
この展覧会が薄い内容に堕さないのはひとえに事務局の方々の
ご努力の賜物です






DSC06630b.jpg
福本美智子







DSC06633b.jpg

DSC06635b.jpg
鹿間厚次郎

鹿間さんはこの展覧会の代表として
展覧会全体のイメージ雰囲気の監修に関わっていらっしゃいます

鹿間さんにはここに展示してあるものと共通する石材を用い
共通するディティールを持つ一連の作品群があって
初め私はニワトリか何らかの鳥を彫刻的に形象化したものかと
思っていましたが
否 とのことでした




DSC06637b.jpg
藤原洋次郎

まずズドーンと青とオレンジの補色対比を中心に
青は水色を従え若干の緑を添える
オレンジは黄色や茶にベージュを従える

画面の色彩を言葉でなぞっているだけなんですが
先に言葉ありき ではこうは描けません

最初の短時間で7~8割出来て残りに大変時間がかかるタイプのようにお見受けしますが





DSC06640b.jpg
井上祥子

井上さんは事務局の中心のおひとり
主に海外作家との連絡やり取りに取り組んでくださった方です

明るい賑やかで健康な有様への感謝と讃歌




DSC06642b.jpg
山口裕之

静止画像ではわかりませんが
少しの風で水平な3つの輪が動く仕掛けになっており
手で少し動かしたりすると
止まるまで そうですね想像の3倍の時間がかかると言っておきましょう





DSC06645b.jpg
モトキセツコ

天女の羽衣
こういう言葉がすぐ出て来ます 古いか?
聖跡に遺された非常に高貴で美しいもの
そんな事を思います




IMG_0001b_202107211708143cb.jpg
堀江タダシ

堀江さんは染織の作家として活動されているのですが
絵画と染織の違いは作者の名乗り 意識によっているといえるのでしょう
写真画像で見れば良質の絵画と言って何の問題もありません




DSC06649b.jpg
藤原護







DSC06652b.jpg
福西三千春

白地に黒のドットが乱れながらもリズミカルに心地良く並んでいます
オーケストラがある瞬間に出す音をドットの強弱で表したらこんな風になるんじゃないでしょうか
この絵は言わば
モノクロによる色彩豊かな音楽
とでも





DSC06655b.jpg
森佐代子

森さんの絵にはいつも冷静な情動とでも言うべき不思議な落ち着きがあります
大胆に短時間に制作されたように見えますが
薄い絵の具を時間をかけて塗り重ねているのだそうです




DSC06658b.jpg
竹村京子

数式や記号 理系の実験道具 顕微鏡や天体望遠鏡 深海探査艇のみで知る事が出来る光景に
思わず叙情的な感性が同調してしまう方は結構多いのではないでしょうか
竹村さんはまさしくそういった方々の代表です





DSC06661b.jpg
若林節子

若林さんの作品は土と藁で出来ています
これらを都市の暮らしに慣れた者が土俗の土着のと形容する事は簡単ですが
土を身近に晴朗さ健やかさを感じる生活がある事は忘れてはならないと思います




DSC06665b.jpg
森初







DSC06774b.jpg

DSC06670b.jpg
元木昭治

元木さんには話しかけて質問したのですが
大阪万博美術館を見た事が創作の道へのきっかけではないとのことで
また具体美術協会やヨシダミノル氏などの活動が刺激になったとも思ってらっしゃらない
強調されたのは「イメージを明示する事」
ご覧の通りアクリルボードを素材に選ぶことによって
曖昧な輪郭線や多層なトーン マチエールやテクスチャーなど「味」が
一切排除されています
それによって情動的な物語や過去へと誘う文脈から自由になった「イメージが明示」されています
壁へのモタレカケ設置によって重量と構造を意識させてしまっていませんか
との問いに
壁面に透明なフックの打ち付けなどが許されなかったための方策とのことでした

君のはどれ?と仰るので案内して
「元木さんと正反対の志向でしょう」と言うと苦笑されていました




DSC06675b.jpg
吉川和江(ドイツ)







DSC06678b.jpg

DSC06680b.jpg
ロベルト・ピビリ(イタリア)







DSC06682b.jpg

DSC06685b.jpg
吉川和江(ドイツ)

上掲の流麗なタッチの顔の集合作品と同じ作者です
こういった固有色に囚われない作品の方が伸び伸びされてますね
上掲の作品パネルのなかにもこの作品シリーズのミニサイズが混じったり
ミッキーマウスのシルエットが様々な美人佳人の顔の中に
紛れ込んだりと作者の画力とウィットとユーモアが全開ですね




DSC06687b.jpg
木村純子

何処か特定の場所の光景から
感動だけを取り出して絵を描くと
こんなふうになるかも知れません





DSC06690b.jpg

DSC06691b.jpg

DSC06692b.jpg

DSC06693b.jpg
川西玉峰

よく見ると切り絵と描画で構成されているようです
何気に見過すところでした
卓抜なセンスに拍手





DSC06696b.jpg
桜井貞夫







DSC06698b.jpg
道下崇生







DSC06702b.jpg

DSC06704b.jpg
米田整弘

これはどこかの国の街角でしょうか
街角の建築物が作るスカイラインを感じるのですが





DSC06706b.jpg

DSC06709b.jpg

DSC06710b.jpg
水谷喜美子

これらは具象 風景画とは言いながら
実際の景色を目の当たりにすると
おそらく大きく特に色彩が異なっている事に気付くはずです

具象と言ったところで画家は常に自身の内発的な色調に拠るもので
ありのままに描けば良いのだから抽象制作が高度で
具象制作は楽だなどと思うのは大変な誤解です
このようにまとまりをつけるには
完成に向けたイメージと
感覚的なノリを永続的に取り出す意志の強さ集中力が不可欠になります

そのステージにいる画家にとって
自身の制作が具象であるとか抽象であるかなどという事は大した事ではなく
恣意的な個人史的な(がしばしば戦略的な)選択になります





DSC06714b.jpg
Vincenzo Cacace(イタリア)

私の認識不足で初耳なのですが
海外にはネオシュールレアリズムと言う美術の国際的な動向があり
彼はイタリアでその動きを代表する3人のうちの一人ということです
わざわざイタリアから彼を研究する美術評論家が展覧会を見に来られるくらい
高名な方なのです







DSC06717b.jpg

DSC06718b.jpg
Francesco Zaccone(イタリア)

イタリアでは家具デザイナーとして活動されていて
お名前を検索するとお洒落な椅子がヒットします

上段の写真 手のひらに伝わる体温手触り=愛が伝わってくるるようです
下段の写真の男性がご本人です





DSC06721b.jpg
阿部良次

作者の愛する港町でしょうか
時は晩夏の光景をヒマワリが表し
漁から帰った男たちの休息
男たちはきっと作者に身近な人たちなのでしょう





DSC06725b.jpg
三村逸子

同じコインドットの背景に空間の大きさを表す椅子とカクテルグラス?
それに対応し八朔か夏ミカンの鉢植えとオリーブの実
日常の中にある非日常な美的白日夢
全て作者の中にあるものです






DSC06728b.jpg
Marianjera Cacace(イタリア)

上記ネオシュールレアリズムの画家ヴィンチェンツォのお嬢さんです
水彩を想わせるみずみずしさ





DSC06730b.jpg
Kika Bohr(イタリア)

キカ・ボーアはウイットとユーモアに富んだ
様々なインスタレーションやパフォーマンスをイタリアで展開しているようです
これはワイヤーハンガーで作った騎馬像の数々

展示終了後私が到着時作品を包んでいたイタリア新聞を貰い
代わりに日本の新聞で作品をひとつひとつくるみ箱に収め
うち一番上の一枚に馬に追いかけられて逃げる人のマンガを描いておきました
冗談が通じず怒る人ではないと思ってるんですが・・・・





DSC06732b.jpg

DSC06733b.jpg

DSC06734b.jpg
水嶋康宣

拙作です





DSC06737b.jpg
Stefania Fantone(イタリア)

何か禅宗のイメージを感じるのですが
水墨画や墨象への共感とか





DSC06740b.jpg

DSC06742b.jpg

DSC06743b.jpg

DSC06746b.jpg
Maria Amalia Cangiano(イタリア)

彼女はイタリアではジュエリーデザインをはじめ様々なことに携わっています
これらの作品にはヒンドゥーの彫刻を彷彿とさせる男女の交接が表現されています
コロナ禍さえ無ければ日本に行ったのにぃ
と大変な日本ファンなのだそうです
て言うか春画のファン?

彼女のfbでこの展覧会画像1枚目の右の方に私の作品が写ってました
名前で検索してみてください






DSC06750b.jpg
Magdalena Martinez Franco(メキシコ)

これETに見えますよね?
違うのかなあ




DSC06753b.jpg
Eduardo Alcobe(メキシコ)







DSC06758b.jpg

DSC06759b.jpg

DSC06761b.jpg

DSC06762b.jpg

DSC06765b.jpg
北眞須子

これらの作品の大きさは頭像でだいたい大振りのスイカ2個分
で内グリのない無垢でズッシリ重いもので

そして北さんは御年over70の小柄で細身の女性なのです
私はビックリして
私)自分でチェーンソー振り回すんですか?!
北さん)あ はい
私)えー!!!!モーターですか?!エンジンですか?!
北さん)エンジンのやつ
北さん)えー!えー!えー!
(エンジンチェーンソーは重くて長く使うと腕がパンパンになります
また木材も重く加工しやすい位置に安定させて固定する事にも
いちいち腕力がいります 当然事故も起きやすく大ケガになります
モーターチェーンソーは比較的軽いだけです)

良く聞くと何でもフランス製の軽く高性能のエンジンチェーンソー10数万円(すぐ金の話する! 国産だと重たいのが2万から5万てとこでしょうか)
があるのだとか
そうは言ってもねえと感心する私をよそに
北さんは飄々と作品を抱きかかえ展示作業をされるのでした




DSC06768b.jpg

DSC06769b.jpg
渡邉早苗

渡邉さんも何か体感的な描画の歓びとでも言う感覚をお持ちの方のようです
絵の具を扱うとそれだけで満たされる感覚の充足
そんな事を思います





DSC06772b.jpg
G・S・カビール

画面の大半を占める黒
僅かに添える他の色が画面に生気と豊かさをもたらしています

速度を感じさせるブラシストロークと共に
「絵」を成立させるために必要なのは
作者にとっては生得的なアドリブセンスのようなものであるようです





IMG_0002b_20210721173230835.jpg
Francesco Pernice(イタリア)

画家が以前訪れたときの
日本のイメージとのことです




IMG_0003b_20210721174003023.jpg
Antonella Magliozzi(イタリア)







  1. 2021/07/25(日) 12:00:00|
  2. 参加展覧会レポート Exhibition Report
  3. | コメント:2

ピエロ・デッラ・フランチェスカ Piero della Francesca II

IMG_0033b_20210705231609550.jpg IMG_0032b_202107052316083dd.jpg
【バッティスタ・スフォルツァの肖像】上
【フェデリコ・ダ・モンテフェルトロの肖像】下

イタリアルネサンスの肖像画といえばこの一対の絵が代表作のひとつとして出てくるくらい
あまりにも有名でピエロ・デッラ・フランチェスカの代表作でもあります

二人はウルビーノ公国の支配者夫婦でこのフェデリコのもとウルビーノは最盛期を迎えたと言うことです
なおラファエロはこの町の生まれで
父親のジョバンニ・サンティがフェデリコの治世で活躍した文人だったようです
















  1. 2021/07/17(土) 00:00:00|
  2. ピエロ・デッラ・フランチェスカ Piero della Francesca
  3. | コメント:0

ピエロ・デッラ・フランチェスカ Piero della Francesca I

IMG_0031b_2021070523060231b.jpg
【ミゼリコルディアの聖母】部分より


ピエロ・デッラ・フランチェスカ(1420以前〜1492)はその死から約80年後
ジョルジジョ・ヴァザーリ(1511〜1574)の残した高名な著作物「画家・彫刻家・建築家 列伝」に
取り上げられているものの以降ほとんど忘れられ
20世紀になって再び脚光が当たったイタリアルネサンスの巨匠です

画像検索していただければネット上におびただしい数の画像があると思いますので
巨匠の模写をしました拙作だけでお許し願います

彼は画家であると同時に数学者でもあったという人で
小3の時ちゃんと算数の授業聞いていれば人生違ったのにと
いまだに思い起こして悔やむ私などとは物が違います

彼の作品は一点透視図法二点透視図法三点透視図法に黄金分割と
当時最新の造形理論と数学理論を駆使した「完璧な」ものになっているのです

所が ところが
その完璧な絵が感覚的には何だか割り切れていない不思議な絵画空間になっているのです
豊かな感受性を示す色彩感覚とあいまって
私にはそこが面白くて仕方ない

忘れられない画家の一人です















  1. 2021/07/10(土) 00:00:00|
  2. ピエロ・デッラ・フランチェスカ Piero della Francesca
  3. | コメント:0

クチナシ Gardenia XII

IMG_0002b_20210618193421086.jpg

クチナシのバカ(笑)




















  1. 2021/06/26(土) 18:00:00|
  2. 花 Flower
  3. | コメント:0

クチナシ Gardenia XI

IMG_0001b_20210618193419372.jpg

今年もクチナシの季節が来ています
クチナシは咲いているときのあの官能的な匂いと白く鮮やかで清潔な佇まいとが
絵にするとなんか捉えきれなくて
ひとつには花弁がヨレヨレしてて
それでもって真っ白で輪郭取りにくくいつも残念な感じになるんです
白いシャツを羽織った佳人て雰囲気が出ませんねえ・・・











  1. 2021/06/19(土) 00:00:00|
  2. 花 Flower
  3. | コメント:0

北山 Kitayama -North hills of Kyoto-XXXVIII

IMG_0003b_20210611221711cba.jpg

当ブログでは京都の三方の山並みのスケッチを一応東山北山西山と分けてますが
大して意味ないような気がしてきた
東山と北山は鴨川のベンチでどっち向いてるかだけの違いで
西山はうちの方からは高台へ行かないと見えないけど
いずれにしても英語ならHILL つまり丘に分類されるようですね

まスケッチは続けますが











  1. 2021/06/12(土) 00:00:00|
  2. 京都北山 Northern hills of Kyoto
  3. | コメント:2

東山 Higashiyama -East hills of Kyoto XXXII

IMG_0002b_202106061956221c9.jpg

京都は相変わらず緊急事態宣言が延長ですが
週末に鴨川へ出かけると
けっこう大勢の人がいらっしゃいます
でも道路は交通量が少ないようです
きっと観光の人出がないのですね















  1. 2021/06/06(日) 22:00:00|
  2. 京都東山 Eastern hills of Kyoto
  3. | コメント:0

柳原義達のこと


先日久方ぶりに三重県立美術館の柳原義達記念館に行ってきました
以前は年2回くらい たまには愛車の125ccをかっ飛ばしたりしてました

とにかく当時はこの人の全部を吸収してやろうと思って通ってました
何年ぶりでしょうか やっぱり面白かったー


柳原の紹介と言えば常に取りざたされるのは
齢40を過ぎて深刻な反省の元
ヨーロッパへ改めて勉学の機会を求め留学しスタイルを一新したことです

そののち柳原の関心と格闘は
物質的(この場合粘土と石膏にブロンズ)特徴あるいは感情を持った量塊による彫刻的構造の実現
に移っていきます

そんなことは彫刻家を名乗るものなら誰でも取り組んでいるやっている
そうおっしゃる方も多数おられるかと思います

ですが柳原の面白さはそれをマーケットの支持不支持に拘泥なくやった追及したということでしょうか
そもそも美しい線を持つ甘美な抒情に耽溺するようなものは不得手であったとは思いますが

とにかく私が思う特徴として
フォルムの決定が独特の不協和なアンバランスを持っている
それがまた中世の山茶碗でも見るような味わいがあって面白いことこの上ない
(作品によってはセザンヌ的とすら言いたくなる絶品がありますが誉めすぎか)

甘美な抒情に耽溺したり テクスチャーの仕上がりに丁寧さや上質感を持ち込まないので
なおさら”量塊による彫刻的構造”をどう実現するかという
彫刻に関わるものが等しくといっていいほど頭を悩ませる中核の問題への取組みが前面化して見える
失敗していても少なくとも格闘の様が伝わってくる
特に素材の感情特徴を厳しく追及する姿勢は彼を特徴づけるものです
そして柳原の姿勢は彼が教鞭を取った日大の
土谷武 原口典之 多和圭三らの関係者出身者らを特徴付けるもののようにも見えます

・・・・・・・・・・・・

なんだか言ってる本人にしかわからない文章になりましたかね

百聞は一見に如かず平塚市の美術館で柳原義達展が開かれるようです
三重県立美術館では柳原義達記念館(と銘打った展示室)に常設してあります
興味を持たれた方是非見に行ってください







  1. 2021/05/30(日) 18:00:00|
  2. 柳原義達
  3. | コメント:0

夏の草 Summer grass  XLXI

IMG_0001b_2021053016032997e.jpg










  1. 2021/05/30(日) 17:50:00|
  2. 草 Grass 
  3. | コメント:0

五月の終わりシロツメクサ Clover 【夏の草 Summer grass XLX】

IMG_0004b_202105260824268c6.jpg

公園に行くと必ずいる同級生

のような花とでもいうか
当たり前でもいないとなんとなく物足りないような・・・・・
そんな花ですかね















  1. 2021/05/26(水) 09:00:00|
  2. 夏の草 Summer Grass
  3. | コメント:0

夏の草 Summer grass  XLIX オオアレチノギク Erigeron sumatrensis

IMG_0009b_202101011707442c1.jpg

いつの間にか梅雨みたいに蒸し暑くなり
いつの間にかしっかり育ってます
















  1. 2021/05/18(火) 00:00:00|
  2. 夏の草 Summer Grass
  3. | コメント:0

風景 Landskape

IMG_0010b_202105101339277fa.jpg

まあどこにでもある風景です
カリンの木のある公園で描きました













  1. 2021/05/11(火) 00:00:00|
  2. 京都 Kyoto
  3. | コメント:0

東山 Higashiyama -East hills of Kyoto XXXI

IMG_0011b_20210502143252d4c.jpg

いつもはゴールデンウイークのこの時期
京都じゅうがどこを通っても渋滞するのですが
珍しくスカスカです
普段のどんな日よりも交通量が少なく感じます














  1. 2021/05/02(日) 15:00:00|
  2. 京都東山 Eastern hills of Kyoto
  3. | コメント:2

東山 Higashiyama -East hills of Kyoto XXX

IMG_0008b_202104251301449af.jpg

京都府も緊急事態宣言が発令されて出歩くのがはばかれることになりました
フラストレーション溜まります























  1. 2021/04/25(日) 14:00:00|
  2. 京都東山 Eastern hills of Kyoto
  3. | コメント:0

カリン Chinese quince

IMG_0026b_20210418102551252.jpg

公園で最初にこの木を見かけたのは秋でリンゴのような実がなっていました
リンゴだと思い一つ持って帰ってみると
固くなったスポンジとでも言うかジューシーでもないし
とても食べられた代物ではありません
後で調べてこれが世にあまねく出回っている花梨のど飴のカリンなのだと知りました

春にはバラ科の仲間らしい清楚な花を咲かせています














  1. 2021/04/18(日) 12:00:00|
  2. 花 Flower
  3. | コメント:0

靈山 Mountain as spiritual place 【比叡山 Mt.Hiei XXXIV】

IMG_0005b_202104102337376f5.jpg

この地に住んでいますと何気に毎日眺める山ですが
その一方でこの山は古来より霊場で千日回峰行など
毎日常識では測れない厳しい修行が行われる場所でもあります
大きな歓楽街を持つ街を望む山でそんな厳しい修行が行われているのは少し意外です

















  1. 2021/04/11(日) 00:00:00|
  2. 比叡山 Mt.Hiei - zan
  3. | コメント:0

瀬戸内海の風景 XXXVII 伯方島

IMG_0003b_202103062155205d9.jpg

前にも書いたことがありますが
温暖で風光明媚な瀬戸内海の風景が
私が描くとどうしても山陰の寒空の山々を思わせるものになってしまいます
昭和小学校の二階の教室から見えた烏ヶ岳の光景が私の原風景なのかもしれません















  1. 2021/03/14(日) 19:00:00|
  2. 瀬戸内海 Japanese inland sea
  3. | コメント:1

山茶花  Camellia Sasanqua XXXIV

IMG_0001b_20210306222232f2e.jpg
第44回 関西美術院展に出品したものです














  1. 2021/03/14(日) 18:00:00|
  2. サザンカ Camellia Sasanqua
  3. | コメント:0

顔を削られた女 Scraped off face woman

DSC06420b.jpg

粗末に扱われたり割り切れない葛藤を抱きつつ生きていかねばならないヒトの生涯
理不尽な状態にありながらも常に「生きていく」ことを選択する
そういう根源的な生命の素晴らしさ力強さをモデルを務めてくださった女性の姿を借りて
大ぶりに表現しました


DSC06391b_20210307182032717.jpg









【いま戦争の兆しに心いたむ美術家たちの作品展2021】に出品しました

  1. 2021/03/07(日) 17:00:00|
  2. 彫刻 Sculpture
  3. | コメント:0

クルミの木 Walnut tree

IMG_20210109_0001b.jpg

木シリーズは久々の更新です
一時期仕事でよく行ったところに生えていたオニグルミの木です
このブログの Seek Seed シリーズで取り上げるクルミの実はこの木の根元で見つけたものです




















  1. 2021/02/22(月) 00:00:00|
  2. 木 Tree
  3. | コメント:2

マツボックリ Pinecone  ‐ Seek Seed XIV

IMG_20210109_0003b.jpg

左のツバキはおいといて
開く前あるいは水分を受けて閉じた状態のマツボックリの上から横から下からです
真ん中の小さな虫見たいのは松の種
乾燥し松ぼっくりが Seek Seed XIIIみたいに開くと
風に揺られてトゲの間から出ていきます
















  1. 2021/02/14(日) 00:00:00|
  2. 種 Seed
  3. | コメント:2

山茶花  Camellia Sasanqua XXXIII

IMG_0004b_20210124221805da3.jpg

福知山の実家には白い花を付ける大きなサザンカの木がありました
今頃はたくさん花を咲かせているだろうな












  1. 2021/01/31(日) 00:00:00|
  2. サザンカ Camellia Sasanqua
  3. | コメント:0
次のページ