FC2ブログ

彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study V -痩女(やせおんな) The dead woman who got lost

IMG_0005b_201807280737317d7.jpg

地獄からこの世に迷い出た女の姿なのだそうです

それはいいけどこんなに形が取れていないとは・・・・・



















  1. 2018/07/29(日) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study IV -父尉(ちちのじょう) Old man 

IMG_0002b_20180726080753b68.jpg

下に【父尉】の解説文はひっぱりだしておきましたが
宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」で湯に浸かったオクサレ様(河の神)
が人間が投げ捨てた川のごみやヘドロをきれいさっぱり洗いながし
「善き哉」のセリフとともに現れる仮面といったらなじみがあるのではないでしょうか 
それは【翁】のほうかな?


ちちのじょう【父尉】
《式三番(しきさんばん)》における役の名。またその役専用の面の名。《式三番》は古い猿楽の伝統を伝える演目で,翁(おきな),三番叟(さんばそう),父尉の三老翁による祝福の歌舞三番を指すが,このうち父尉だけは,室町時代から特殊な催し以外演じなくなった。面は翁とほぼ同型だが,目尻のつり上がった引きしまった顔つきで,この面を掛けた老翁が,延命冠者(えんめいかじや)という若い面の役と並び立ち,親子で祝言を述べたのち,祝舞を演ずる。
*世界大百科事典 第2版による
【式三番】より
…能役者と狂言役者が演ずるが,能でも狂言でもない別の種目で,構成・詩章・謡(うたい)・囃子・舞・面・装束など,すべての点で能・狂言とは異なる古風な様式をもつ。式三番という名称は,〈例式の三番の演目〉の意味で,《父尉(ちちのじよう)》《翁》《三番猿楽(さんばさるがく)》の3演目を指す。いずれも老体の神が祝言・祝舞(しゆうぶ)を行うもので,3者の間に直接の関係はないが,能や狂言と違ってこの中から演目を選ぶというのではなく,三番一組にして演ずるものである。…
*世界大百科事典 第2版による























  1. 2018/07/27(金) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study III -茗荷悪尉Myoga-Akujo Sharp eyes mighty old man

IMG_0003b_2018071907254147d.jpg


能の「道明寺」という曲で重要な役として使われるようです。
道明寺はあの和菓子の道明寺粉の由来のお寺です。

興味のある方はこちら「能面と謡曲」様のサイトでわかりやすく解説されています
http://www003.upp.so-net.ne.jp/noumen/menn/ta/doumyouzi.htm

















  1. 2018/07/21(土) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study II -橋姫 The goddess who guards the bridge or the demon of jealousy



橋姫はもともと橋の守護女神なのですが
能楽において橋姫が登場する「鉄輪・かなわ」という曲では嫉妬に怒り狂い妖怪鬼神に変化したもののように造形されています。
これは平家物語の異本を元に成立しているようです。
この話に貴船神社の丑の刻参りが登場するのですが、現在の貴船神社でそのようなことをするのは難しいでしょう。
鴨川の源流をかなり山奥まで分け入ったところにあるのですが
有名な観光地となり真夏は深夜でも涼をとりに車で出かける人も珍しくなくなりました。

鉄輪
『平家物語』の「剣巻」を元に話を膨らませた能の演目『鉄輪(かなわ)』がある。橋姫が頭にかぶった鉄輪から名が取られている。
橋姫は、後妻に夫を奪われた女性となっている。元夫と後妻は、呪い殺される寸前で怪異に気づき、安倍晴明に相談すると、このままでは今夜までの命と告げられた。
晴明は夫婦に頼まれ、形代(身代わりの人形)を使った呪い代えを試みると、鬼女が姿を現わした。その姿は、川での儀式の時と同じ、鉄輪や松明をつけた姿であった。舞台では、嫉妬と復讐心に顔を歪める女性の能面「橋姫」が使われる。
橋姫は夫婦に襲い掛かるが、晴明と三十番神に撃退され、「時期を待つ」と言い残して消えていった。
剣巻で重要登場人物だった源綱は登場しない。
*ウィキペディア【橋姫】-鉄輪(かなわ) より引用
























  1. 2018/07/17(火) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study I -鼻瘤悪尉(はなこぶあくじょう)Mighty old man with nose lump

能狂言で使われます仮面には様々なものがあり
先人が深い洞察力観察力で類型化したヒトの有様生き様が見事に表現されています

自由な創作が許されていない分野で人体の骨格を扱わないせいか彫刻家たちの制作談議にのぼることはほとんどないのですが
私は尽きせぬ魅力を感じます
そんな能狂言面の簡単な冊子を持ち歩いて合間合間に模写してみました
そのとき精いっぱいであったものも 時を置いて今見ると観察や描写が甘いことに気づかされたりもします

その自分の未熟さに気付くということも当ブログの目的ですのでごよろしく了承ください

IMG_0001b_20180714111233128.jpg

「尉」という呼称が負う中世の語感がいまひとつわからないのです
老齢になっても気力溢れる時に非情な権力者実力者あるいは異界の神というキャラクターデザインのようですが・・・



勤務先の故K部長がまさしくこのような方でした
この面にメガネをかけアゴ髭をそればK部長そっくりです
睨まれると震えあがるような迫力がある人でしたが
私の創作活動を理解してくださり できるだけ都合を聞いてくださいました
大病を患って死期を悟られると
訃報が広がるのを良しとせず
さっさと家族身内のみで遺言通り葬儀をされたようです
そういう人でした

ありがとうございます
今でも水嶋はこうやって放り出さず続けています
あなたの思い出はこの仮面とともにあります

























  1. 2018/07/15(日) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ