彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

父の日に On Father's Day (子供の領分 Children's Corner XXX)

IMG_0002b_2017061807490279d.jpg

おとうさんこんな孫連れて散歩したかったでしょうね

ゴメンナサイ



























  1. 2017/06/18(日) 08:00:00|
  2. 子供の領分
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XV Be in love in the European Middle Ages

IMG_0012c_2017061623032442e.jpg
〈聖ゲオルギウス〉10c カッパドキア ギョレメ岩窟教会

オフコースというバンドで活躍されたシンガーソングライターの小田和正さんの建築学科の学生時代の論文に
「ルネッサンスの建築がいかに中世の建築を堕落させたか」というテーマのものがあるそうです
(残念ながらどこ探してもヒットせず”あるらしい”としかいえませんが)
それを聞いた時なるほどなと思いました
ルネッサンスの建築って教会に限らず豪壮華麗なものを建て始める
神の住まいではなく俗世の力と富の象徴として建築が表され始めた時
聖性は薄まり小田さんが歌い上げるような細やかな気持ちのやりとりは無骨に踏みにじられる
ただのグズグズした男心?を歌ってるわけじゃないんだと思いました
それを知った頃 シトー派の修道院建築に惹かれていたのでピンとくるものがありました















  1. 2017/06/17(土) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XIV Be in love in the European Middle Ages

IMG_0006b_201706132214499e7.jpg
上:『エヒテルナハの福音書』 聖マルコの象徴として獅子 7c末 写本画 パリ国立図書館蔵
下:『バンベルク黙示録』 子羊礼拝より子羊を礼拝する人々 1020年以前 写本画 バンベルク国立図書館蔵

モノを見る際には百聞していないと一見しても分からない
だからこそ逆に
目の前にあるものをひたすら観察し
視覚の捉えるまま
それが何である意味がある価値があるなどの判断を交えず
絵筆なり鉛筆なり粘土なり鑿箆なりを持った手を動かす訓練により
既成概念にまみれていない新たな視覚を獲得する可能性が出てきます
だから「美術」の人間をあんまり問い詰めてやらないでくださいね
たとえ頓珍漢なことを言おうと
言語機能を発達させる時間をほとんど持てていない場合もありますから

論理的合理的に語れないということは
思ったり感じたりしていないということではない
それどころか
論理的合理的体系的な技術を身につけている場合がしばしばあります
ヒトの営みの様々な分野でね

























  1. 2017/06/14(水) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XIII Be in love in the European Middle Ages

わたしが中学高校時代に教科書やノートの片隅に描いた落書きコレクション

IMG_0005b_20170611071144e0c.jpg

ではなくて
左上より時計回りに:
〈キリストの復活〉天使        (サウザンプトン詩篇集) 10c末 ケンブリッジ セント・ジョンズ・カレッジ蔵 より 
〈キリストの復活〉刑吏の頭部    (サウザンプトン詩篇集) 10c末 ケンブリッジ セント・ジョンズ・カレッジ蔵 より 
〈聖マタイの象徴〉の頭部       (エヒテルナッハの福音書〉 8c前半 パリ国立図書館蔵より
洗礼者ヨハネ              1342~54年 ヴェネツィア サン・マルコ大聖堂
キリストの顔               7c メトロポリタン美術館蔵(遺物器)の装飾より  
ホレブ山[シナイ山]でのモーゼ     6c前半 ラヴェンナ サン・ヴィッターレ聖堂

なのです
一言で言えばカワイイ精霊聖人たち
この感覚は東洋であまり見かけないような
明時代景徳鎮の上絵付であるかなあ
厳粛な宗教行事で使うものであるかどうか思いつきません






















  1. 2017/06/12(月) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 Ⅻ Be in love in the European Middle Ages

IMG_0004b_201706120536121f2.jpg
〈聖マルガリータの祭壇〉 12c スペイン ヴィック司教区美術館蔵より
下から時計回りに:
聖母子像
原画に向かって右下の天使
原画に向かって左上の天使
12c Vic Diocesan Museum of Fine Arts Spain
Clockwise from the bottom:
Image of the Virgin and Child
Angel of the lower right looking at the original picture
Angel on the left towards the original picture


わたしは別に何かどこかのある時の出来事が
古代の呼称でなきゃいけない中世でないとおかしいなどと
呼称区分にこだわりがあるわけではないのです
全ての出来事を既存の歴史区分の中に納めなければ気が済まない訳でもない
でも
西ローマ帝国が滅んでからを古代ヨーロッパ
シャルルマーニュの登場あたりからを中世ヨーロッパ
イタリアルネサンスの始まりを近世ヨーロッパ
とすればすっきり美しいと思っているのです
フランク王国の末裔が
ギリシャ・ローマの哲人賢人やアレキサンダーを我が身内の先祖のように扱うってのはどうも・・・



















  1. 2017/06/11(日) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ