彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

瀬戸内海の風景 XXXIII -屋島-  Japanese Inland Sea. Yashima 

scan-003b_2015110106484802b.jpg

屋島は私のようなよその人間でも遠くから見てすぐにそれとわかります
屋島は海から見るべしとフェリーから眺めたことがありますが
この姿を瀬戸内海を行きかう古来からの偉人武人たち平清盛も幾度となく見たのかと感無量でした

ふもとで大きなゲソの天ぷらののった讃岐うどんを汁まで飲み干したあと
平家物語の舞台となった源平の合戦の古戦場や行宮の跡をたしかめながら(壇ノ浦という字も同じ地名があったり!)坂道を登っていくと大きな頂上の駐車場に出ました
下から頂上は真っ平らに見えるのですが上ってみると北嶺(北側)と南嶺(南側)にわかれ間は浅い谷になっていました
その南嶺に屋島寺と駐車場がありました
休憩用の東屋の目の前は北嶺で海はよく見えませんでした

わたしが東屋で画材を広げスケッチしていると
屋島寺の境内でもある頂上を掃除している地元の方々が休憩にやって来ました
とりとめのない世間話で私が京都から来たと知ると
その中のお一人が京都の大学へ進学しそのまま結婚し宇治市に住まいされている娘さんの話をひとしきりされたあと
いい趣味ですねぇ邪魔したねと一言残して次の仕事へ行かれました











関連記事
  1. 2017/02/26(日) 00:00:00|
  2. 瀬戸内海 Japanese inland sea
  3. | コメント:2
<<しまなみ海道でもらったミカン Orange | ホーム | 瀬戸内海の風景 XXXII -今治-  Japanese Inland Sea. Imabari>>

コメント

「屋島は私のような人間でも遠くから見てすぐにそれとわかります」
私は山のことなど全く知らない人間ですが、屋島だけはすぐにそれとわかります(笑)

屋島は遠足の定番ですし、子供心にも源平合戦のすさまじさを物語る「血の池」に来るとおどろおどろしいものを感じていました。

県外の方に絵にしていただき、お話しまで聞かせていただくのはうれしいものですね。
ありがとうございました(^^)/
  1. 2017/02/26(日) 12:52:59 |
  2. URL |
  3. つくも(月萌) #yftrNhoQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

つくも様
屋島はまさしく讃岐のランドマークですね
屋島を頼りに古来多くの船が行きかっていることでしょうね
地学的にも大変珍しい地形であるとどこかに書いてありましたが忘れました
見れば納得の姿ですね
>
> 屋島は遠足の定番ですし、子供心にも源平合戦のすさまじさを物語る「血の池」に来るとおどろおどろしいものを感じていました。
やっぱり子供たちの遠足で行くのですね
源平の合戦はゲリラ戦?にたけ紳士協定的な戦場の儀礼を無視した義経の指揮下凄惨なものだったようですね
河野氏の寝返りがなければ平家が盛り返していたかもしれませんね
自分としては平家よりですが
うどんは盛りの多さで巨大ゲソ天ののった源氏うどんを食べてしまいました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

> 県外の方に絵にしていただき、お話しまで聞かせていただくのはうれしいものですね。
いえいえ平家物語が大好きなんです
  1. 2017/02/26(日) 19:54:13 |
  2. URL |
  3. 水嶋康宣 Mizushima Y. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する