彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

古美術研究 XI  Antique art study

IMG_0012b_20150225223847ad8.jpg

石鏃 石包丁など  chipped stone tool
*京都市考古資料館 Kyoto City Archaeological Museum

打製石器というものは土の中に他の石ころと紛れていても直ぐに見分けがつきます
それぐらい精巧に作られています
石鏃の鋭さといったらそれはもう怖いぐらいです
これがついた矢はおそらくダーツを投げるくらいの力で簡単に皮膚につきささるでしょう
洋食ナイフなどよりよほど簡単に肉をきることができます

ちなみに打製石器によくつかわれる安山岩の一種のサヌカイト
讃岐で採取されたサンプルが命名の由来となっています(香川県以外でも採取されます)

わたしのスケッチでは鋭利さが伝わりませんね
ま いいか
気になる方は香川県へどうぞ











who’s who ART 2015展  今日まで!
2/23―2/28   12:00-18:00 (last day -16:00)
IMG_0017b_2015020918495174c.jpg IMG_0018b_20150209184952832.jpg
http://sketchbookbysculptor.blog.fc2.com/blog-entry-662.html

関連記事
  1. 2015/02/28(土) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:2
<<古美術研究 XII  Antique art study | ホーム | 古美術研究 Ⅹ ―東洋陶磁 Antique art study―Oriental ceramic ware>>

コメント

「サヌカイト」は、こちら香川では「かんかん石」と呼んでいます。

叩くと 
「か~ん♪ か~ん♪」
と優しい澄んだ音がでます。

玄関チャイムの代わりに、かんかん石を吊るしていたお宅がありました。
(姉のところの古い家だったかな。。。。忘れました💦)
  1. 2015/02/28(土) 18:14:03 |
  2. URL |
  3. UP #yftrNhoQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

UP様

高松のどこかの資料館でかんかん石の展示を見た記憶があります
「かんかん」を学名に入れたらもっとおもしろかったのにね
高松は優秀な石材と石彫に特化した道具屋さんと作業のための気候に恵まれていてうらやましいですね
そういえば独特な屋島の地形も頂部のサヌキトイドという石の地層が産んだ姿ですよね
うどん県と同時に石県ですね香川は

> 「サヌカイト」は、こちら香川では「かんかん石」と呼んでいます。
>
> 叩くと 
> 「か~ん♪ か~ん♪」
> と優しい澄んだ音がでます。
>
> 玄関チャイムの代わりに、かんかん石を吊るしていたお宅がありました。
> (姉のところの古い家だったかな。。。。忘れました💦)
  1. 2015/03/01(日) 06:53:16 |
  2. URL |
  3. 水嶋康宣 Mizushima Y. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する