彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

緑釉碗 Green glaze bowl

IMGbb_20170106195541e6f.jpg
緑釉碗 平安時代  The green glaze bowl   Heian era

緑釉(りょくゆう)とは奈良二彩奈良三彩などとともに奈良時代に現れた彩釉陶のひとつで
縄文時代弥生時代の土器や日本六古窯の須恵器系のものともあきらかに系統を別にします
また近世初頭の織部釉とは銅の呈色という点では同じですが低火度焼成の別のものです

この緑釉単味の焼き物の破片が平安時代から鎌倉時代にかけての京都の地層からたくさん出土します
焼成温度や胎土が含む成分により発色にばらつきがあるものの
この釉薬の緑色はそれはそれは深く美しいものです

また形状も特に平安時代前期のものは古代の造形感覚そのもの
平安時代前期の仏像がたどった急激な像容の変遷を思う時
奈良時代の生き残りと出会ったような不思議な思いがしました
























関連記事
  1. 2017/01/07(土) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:0
<<青磁筍形水注 Celadon bamboo-shaped Ewers | ホーム | 古美術研究  ―東洋陶磁 Antique art study―Oriental ceramic ware>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する