FC2ブログ

彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study X -真蛇 Shinja

IMG_0018b_20180903223733fa7.jpg

真蛇(しんじゃ)とは能面の一種。
「般若(はんにゃ)」と呼ばれる女の鬼の面の中でも、もっとも罪業深く、ほとんど蛇になってしまった面を真蛇(しんじゃ)と呼ぶ。嫉妬のあまり、顔がほとんど蛇と化し、耳は取れ、口は耳まで裂け、舌が覗き、牙も長く、髪もほとんどなくなるとされている。なお、角の生えているものはすべて女性の鬼で、男性には生えない。

その他
女が角を持った蛇と化す怪異話は、『吾妻鏡』にも記述されており、文応元年(1260年)10月15日条には、「北条政村の女が邪気を病んだが、これは比企能員の女である讃岐局(さぬきのつぼね)の霊が祟りをなしたゆえであった。局は大蛇となり、頂(いただ)きに大きな角がある。女は火炎の如く、常に苦を受ける。当時、比企谷(ひきがやつ)の土中にいて、言を発した。これを聞いた人は身の毛もよだつと言った」。11月27日条に至り、「夜に供養の儀があり、説法の最中、件の姫君、悩乱し、舌を出し、唇をなめ、身を動かし、足を伸ばした。ひとえに蛇身が出現した時と似ている。加持が行われた後、言をやめ、眠るが如く、復本したという」。この事からも、真蛇に類した話は、少なくとも13世紀中頃末には確認できる。

*2項目ともウィキペディア【真蛇】より引用





































関連記事
  1. 2018/09/06(木) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0
<<能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study XI -乙(乙御前) Oto(Otogoze) | ホーム | 能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study IX -蛙(かわず)Kawazdu>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する