FC2ブログ

彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study I -鼻瘤悪尉(はなこぶあくじょう)Mighty old man with nose lump

能狂言で使われます仮面には様々なものがあり
先人が深い洞察力観察力で類型化したヒトの有様生き様が見事に表現されています

自由な創作が許されていない分野で人体の骨格を扱わないせいか彫刻家たちの制作談議にのぼることはほとんどないのですが
私は尽きせぬ魅力を感じます
そんな能狂言面の簡単な冊子を持ち歩いて合間合間に模写してみました
そのとき精いっぱいであったものも 時を置いて今見ると観察や描写が甘いことに気づかされたりもします

その自分の未熟さに気付くということも当ブログの目的ですのでごよろしく了承ください

IMG_0001b_20180714111233128.jpg

「尉」という呼称が負う中世の語感がいまひとつわからないのです
老齢になっても気力溢れる時に非情な権力者実力者あるいは異界の神というキャラクターデザインのようですが・・・



勤務先の故K部長がまさしくこのような方でした
この面にメガネをかけアゴ髭をそればK部長そっくりです
睨まれると震えあがるような迫力がある人でしたが
私の創作活動を理解してくださり できるだけ都合を聞いてくださいました
大病を患って死期を悟られると
訃報が広がるのを良しとせず
さっさと家族身内のみで遺言通り葬儀をされたようです
そういう人でした

ありがとうございます
今でも水嶋はこうやって放り出さず続けています
あなたの思い出はこの仮面とともにあります

























関連記事
  1. 2018/07/15(日) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0
<<能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study II -橋姫 The goddess who guards the bridge or the demon of jealousy | ホーム | 東山 Higashiyama -East hills of Kyoto XXIV>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する