FC2ブログ

彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

織部扇面鉢 Oribe fan-shaped bowl

IMG_0012b_20180406195029a26.jpg

江戸時代も17世紀末あたりになりますと
少なくとも都市住民にとって人生は平和で豊か
京都の街中の陶器屋さんには中世までのただの機能的な食器(宿る精神性は今日の解釈と言うことにして)ではなく
趣向を凝らした意匠の食器も並ぶようになりました
いわゆる「織部好み」という様式味わいは食器のみならず
建築造園などの分野でも支持されていったんですね
深さよりも光
瞑想よりも活動
と言った感想が妥当かどうかは別にして
琳派の隆盛と軌をひとつにしているかに思えます








































関連記事
  1. 2018/04/07(土) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:0
<<天目茶碗 Tenmoku-teacup | ホーム | 春の陽光 Spring Sunlight (北山 Kitayama -North hills of Kyoto- XXV)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する