彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

四国しまなみ印象記

善通寺での展覧会のついでに友人の住む愛媛県の岩城島まで足をのばしました。
携帯で撮った画像をもとに、その道中の印象記を編んでみました。




037b.jpg
与島PAに着きました。

041b_20110901201619.jpg
この橋を渡ると四国。対岸に坂出の町が見えています。



048b_20110827091841.jpg
善通寺に着きました。(境内への車の乗り入れは許可をいただいています。)



046b.jpg
私の友人アオフネ山下君がクレーンで吊り下げられながら付け替えたという五重塔水煙、今も変わりなく立派についていました。



045b.jpg
空海在世中にすでにあった樟でしょうか。






079b.jpg
「道の駅とよはま」にて



078B.jpg
搬入を終えた後、丸亀のスーパー銭湯で汗を流し、しまなみ海道を目指し西へ。
夜半たどり着いたのは「道の駅とよはま」、車中泊して目を覚ますと曇り空。



084b.jpg
今治を経て生口島の多々羅大橋の下で。スケール感が伝わらないのが残念。



133b.jpg
弓削島の弓削神社。道鏡の伝説は聞き洩らしました。



134b.jpg
弓削神社



136b.jpg
弓削神社



163b.jpg
多々羅大橋自転車道橋



166b.jpg
多々羅大橋自転車道橋
橋のシルエットと夕空が作る光景の美しさに、つい時間を忘れて撮影に熱中してしまいました。この後冷や汗ものでフェリー桟橋へ急ぎました。



099BB.jpg
四国本島の別子銅山から山道を抜けて川之江あたりで海沿いに出ると雄大な景色が広がっていました。
この地形は神戸を思い出しました。



112B.jpg
因島 土生港フェリー桟橋で船を待つ。



113b.jpg
因島 土生港フェリー桟橋で



107b.jpg
因島 土生港フェリー桟橋で



116B.jpg
因島 土生港フェリー桟橋で



143b_20110827093234.jpg
因島土生港 岩城島の長江港へ向かうフェリーから。



この辺の暮らしには駅で電車を待つごとく、桟橋で船を待つ日常があります。
わたしも画材を携え友人の原付を借り、地元の人みたいにフェリーに乗りあっちこっちの島へ出かけました。
前の籠に麦わら帽子、長袖長ズボンサンダル履き、頭にタオルを巻いてその上におわん形ヘルメットで地元ナンバー、どう見ても地元の人です!



102B.jpg
生口島から見た岩城島
ある友人曰く、島の形がサンテグジュペリの「象を飲んだうわばみ」に似てると。
そう言われてみれば・・・。

どんな絵が出来上がったかはまたいずれ。



091b.jpg
岩城島から佐島、生名島、弓削島を望む。



142b.jpg
弓削島から長崎瀬戸(因島と生名島の間)を望む。
奥から生口島 岩城島 生名島 因島



154b.jpg
岩城島から見える夕空。黄金色に輝く海。



157b.jpg
右に生口島、中央奥に大三島。しまなみ海道は本当に美しい夕景が毎日のように見られる所でした。
(2011/9/17補遺改稿)


関連記事

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/09/01(木) 22:30:20|
  2. 写真 photograph
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<アサガオ Morning gloryⅡ | ホーム | 「Art at the Temple  善通寺 the 2nd」終了のご報告>>

コメント

水嶋さん
久しぶりに訪問させていただきました。

五重塔を紹介してくださりありがとうございます。

瀬戸内の風景は本当に良いですね。

  1. 2011/09/02(金) 14:04:24 |
  2. URL |
  3. 山下 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは山下君
搬出の時には酔狂で徳島県の吉野川沿いの井川池田インターから32号線で香川県に入りました。
地図で見るとすぐそこなのに、ヘアピンカーヴ続きの山道で国境になっているのがよくわかりました。

  1. 2011/09/02(金) 23:34:19 |
  2. URL |
  3. 水嶋康宣 Mizushima Y. #-
  4. [ 編集 ]

瀬戸内の景色

きれいな写真たくさんアップしてくださって、どうもありがとう。
瀬戸内出身ですが、改めてその美しさを認識しました。

もっとも帰る時は飛行機なので、あまり瀬戸大橋を渡る機会もなく、
しまなみ街道も通ったことありません。
今度機会があったら、乗せて(^^)
  1. 2011/09/03(土) 11:10:23 |
  2. URL |
  3. くっぷ #PNqyaVIw
  4. [ 編集 ]

Re: 瀬戸内の景色

くっぷさんおはようございます。

瀬戸内はスケッチする場所に困らず、写真の題材も豊富な所だと思いました。
また四国本島には峻嶮な山が多く、東予あたりは海からほんの少し山側へ入るだけで、ここは信州か飛騨かというような景色に出会えます。別子銅山跡が「日本の(東洋のだったかも)マチュピチュ」と銘打たれ観光地になっているのをご存じでしたか。まさにそんなところでした。いつかの冬季五輪に愛媛県出身の選手がいたのに納得がいきました。

また行くと思うので、いつか機会があれば便乗させてあげますよ。
  1. 2011/09/04(日) 09:06:36 |
  2. URL |
  3. 水嶋康宣 Mizushima Y. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sketchbookbysculptor.blog.fc2.com/tb.php/118-c26e5a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)