彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

中世キリスト教美術 XXX Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0004b_2017072522204167a.jpg
《デイシスの聖母》 1405 フェオファン・グレーク モスクワ ブラゴヴェシェンスキー大聖堂
"Our Lady of Deis" Pheofan · Grake  Moscow Blagovescanski Cathedral


フェオファン・グレークはビザンチン帝国からロシアに赴いたギリシャ人画家で
昨夜の記事アンドレイ・ルブリョーフの師となった人です
グレークとはギリシャ人を意味するようです
彼らふたりに次の世代の画家ディオニシーを加えて中世ロシアイコンの三巨匠で最高峰とするようです
ロシア美術ではほかのヨーロッパ諸国のようなルネサンスを迎えず歴史が進行していったようです

ロシアが生んだ後の時代の芸術家たちと通底するものを感じ取ろうとしているところです

マルク・シャガールだけ見えてきたような気がするけどユダヤ人だしなあ・・・・・・


















関連記事
  1. 2017/07/30(日) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0
<<中世キリスト教美術 XXXI Be in love in the Western Middle Ages | ホーム | 中世キリスト教美術 XXIX Be in love in the Western Middle Ages>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する