彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

中世キリスト教美術 XXV Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0003b_20170710094956f17.jpg
《キリストの昇天》より キリストの昇天を見守る使徒たち 11c前半 マケドニア オフリド スヴェータ・ソフィア大聖堂
'Ascension of Christ' 11c First half Macedonia Ohrid Sveta Sophia Cathedral

マケドニアなんて日本でごく普通に西洋美術史を学ぶ際には
ほとんどノーマークの地です
古代ギリシャ・ローマに目をやって
中世を駆け足で通り過ぎ
やっとイタリアルネサンスのページを開き西洋美術史の勉強が本格化するといった調子でしょうか
ヨーロッパ中世の強大国ブルガリア帝国の首都があった町オフリドなんて言われてもね

正教会の文化芸術と近代のロシア
その始まりともいえるビザンチン帝国の文化
ここに例えばドストエフスキー的なものトルストイ的なもの
チャイコフスキー的なものラフマニノフ的なものその他諸々を感じ取ろうとする試みは無駄なことでしょうか

カトリックとプロテスタント
それぞれお国柄であったり人生に向かう態度であったり
なんとなく手触りのようなものを感じ取れるのですが
正教会のそれは?????

彫刻をつくっている経験から言わせていただければ
コンストラクティブな感銘を受ける造形表現が多くはないような・・・・・・・
















関連記事
  1. 2017/07/15(土) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0
<<中世キリスト教美術 XXVI Be in love in the Western Middle Ages | ホーム | 中世キリスト教美術 XXIV Be in love in the Western Middle Ages>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する