FC2ブログ

彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study XIII -賢徳 Kentoku

IMG_0020b_20180920204723cd6.jpg

【賢徳(けんとく)】の面は、キョロリとした眼があさっての方向を向き、小鼻をふくらませた表情が、笑いを誘います。植物なら、キノコ、動物なら、カニや犬などの精霊の役に用いられます。
*福岡市美術館アーカイブスhttp://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/454/index02.html  より引用

























  1. 2018/09/29(土) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study XII -嘘吹 Usobuki

IMG_0019b_20180918002524553.jpg


空吹 嘯吹 とも表記するようです
火吹男いわゆるヒョットコの原型と考えられるようです
蚊の妖精 動物植物の妖精 人間の亡霊などに扮するときに着用するようです

初めてこの人?を見た時
あ ペナルティ(お笑いコンビ)のワッキーさん と思いました
こういう顔付の人今も昔もいるんですね


狂言師野村萬斎さんが狂言をわかりやすく紹介されているサイトがありました
ご興味のある方は下記サイトへ
http://www5.plala.or.jp/NATIVE/kyougenraisan/index.html











  1. 2018/09/21(金) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study XI -乙(乙御前) Oto(Otogoze)

世の賢人諸兄には関係のない話

この仮面を見る度「幸せの正体とは何だ」というようなことを想います
男ってバカですから色んなことを外側の見掛けで判断します
女性のこともしかり




自分に手間ひま時間をかけている女性にフラフラついていくくせに
自分(男)に手間ひまを使わせ母親の代わりをさせたりします

この愛嬌溢れる醜女として表現された仮面をみるたびそんな男のどうしようもない情けなさを想います

IMG_0013b_20180915111211ce8.jpg

世の賢人諸兄には関係のない話です





[おかめの面]
おかめは、古くから存在する日本の面(仮面)の一つである。丸顔、鼻が低く丸く、頭が小さく、垂髪、頬が丸く豊かに張り出した(頬高)特徴をもつ女性の仮面であり、同様の特徴を持つ女性の顔についてもそう呼ぶ。お亀、阿亀(おかめ)とも書き、お多福、阿多福(おたふく)、文楽人形ではお福(おふく)、狂言面では乙御前(おとごぜ)あるいは乙(おと)ともいう
*ウィキペディア【おかめ】より引用













  1. 2018/09/15(土) 15:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0

能狂言面研究 Noh Kyogen Mask study X -真蛇 Shinja

IMG_0018b_20180903223733fa7.jpg

真蛇(しんじゃ)とは能面の一種。
「般若(はんにゃ)」と呼ばれる女の鬼の面の中でも、もっとも罪業深く、ほとんど蛇になってしまった面を真蛇(しんじゃ)と呼ぶ。嫉妬のあまり、顔がほとんど蛇と化し、耳は取れ、口は耳まで裂け、舌が覗き、牙も長く、髪もほとんどなくなるとされている。なお、角の生えているものはすべて女性の鬼で、男性には生えない。

その他
女が角を持った蛇と化す怪異話は、『吾妻鏡』にも記述されており、文応元年(1260年)10月15日条には、「北条政村の女が邪気を病んだが、これは比企能員の女である讃岐局(さぬきのつぼね)の霊が祟りをなしたゆえであった。局は大蛇となり、頂(いただ)きに大きな角がある。女は火炎の如く、常に苦を受ける。当時、比企谷(ひきがやつ)の土中にいて、言を発した。これを聞いた人は身の毛もよだつと言った」。11月27日条に至り、「夜に供養の儀があり、説法の最中、件の姫君、悩乱し、舌を出し、唇をなめ、身を動かし、足を伸ばした。ひとえに蛇身が出現した時と似ている。加持が行われた後、言をやめ、眠るが如く、復本したという」。この事からも、真蛇に類した話は、少なくとも13世紀中頃末には確認できる。

*2項目ともウィキペディア【真蛇】より引用





































  1. 2018/09/06(木) 00:00:00|
  2. 日本の仮面 Japnese Mask study
  3. | コメント:0