FC2ブログ

彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

鳥頭 Bird head woman

IMG_0006b_20180620120250d45.jpg

第6回世界文化遺産姫路城現代美術ビエンナーレに出品します


何時のころからなのか
異形の者に惹かれるようになりました。
あるいは異形の者たちをモチーフとした作品に

ギリシャローマや唐宋の端正で整った美もさることながら
(例えば大量殺戮兵器を使って特になんの感情もなく人を殺し
我が家に帰れば我が子を愛するよき家庭人の父親であるような)
理不尽で矛盾だらけの人間をどう表せばいいのか
それは醜くはあっても何か逞しく生きる希望を感じさせる形であってほしい
衰弱と滅亡を甘美に歌うものであってもいいのですが

















  1. 2018/06/30(土) 01:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:0

夏の草 Summer grass XLV -メヒシバ-



メヒシバ で しょう 自信 ないけど

































  1. 2018/06/27(水) 00:00:00|
  2. 夏の草 summer grass
  3. | コメント:0

夏の草 Summer grass XLIV -オオアレチノギク-

IMG_0026b_20180623000842001.jpg


























  1. 2018/06/23(土) 00:00:00|
  2. 夏の草 summer grass
  3. | コメント:0

夏の草 Summer grass XLIII -オオアレチノギク-

































  1. 2018/06/22(金) 00:00:00|
  2. 夏の草 summer grass
  3. | コメント:0

夏の草 Summer grass XLII -ドクダミ-

IMG_0022b_20180616063116d7d.jpg


ドクダミの花 わりと好きなんです
少し日陰に白い花が一斉に咲き爽やかな気配を感じます

それが夜になるとまた違った趣で
薄暗い中でたくさんの白い花がしっかりと咲いている様子は神秘的で
彼岸との交信をしているかのようです





















  1. 2018/06/20(水) 00:00:00|
  2. 夏の草 summer grass
  3. | コメント:0

夏の草 Summer grass XLI -オオアレチノギク-

IMG_0027b_20180615142504972.jpg


大荒地野菊 漢字でこう書くとそれだけで何か物語を感じますね
この立ち姿には何か惹かれます
























  1. 2018/06/16(土) 00:00:00|
  2. 夏の草 summer grass
  3. | コメント:0

二条児童公園の木  Trees in Nijo children's park XVII

IMG_0033b_20180606222532cd3.jpg





















  1. 2018/06/12(火) 00:00:00|
  2. 木 tree
  3. | コメント:0

二条児童公園の木  Trees in Nijo children's park XVI

IMG_0032b_20180606221327a15.jpg

この公園に来るのも久しぶりです
以前は近くに用事がよくあったのですが































  1. 2018/06/09(土) 00:00:00|
  2. 木 tree
  3. | コメント:0

金閣寺にて At Kinkakuji - temple XI

IMG_0010b_20180602081454b9d.jpg

境内の寄り添う木
こういうもの見るとつい擬人化している自分に気づきます





























  1. 2018/06/05(火) 00:00:00|
  2. 木 tree
  3. | コメント:0

山本忠司展を見てきました

img_0001b_20180602080758654.jpg

IMG_0002b_20180601235340d76.jpg

何気に見た展覧会のポスターにどこかで見た建築の写真が
あ これは香川県に行った時に立ち寄った五色台の民俗資料館だ!
ユニークな建物は強烈な印象とともによく覚えています

会場は私の住まいからほど近い京都工芸繊維大の美術工芸資料館
展覧会名は「山本忠司展」

恥ずかしながらお名前は今回やっと頭にしっかりはいりました
山本忠司氏は県庁職員として数々の設計を担当され
香川県が戦後現代建築でユニークな地位を占めることになったけん引役ともいえる方です
高松にあるイサムノグチ庭園美術館の古民家の移設改修にも深くかかわっておられます
というかイサムノグチと親交があったようです

でもなぜ京都で?

なんと氏は京都工芸繊維大の前身である京都工業専門学校のご出身だったのです
京都に住んでいながら知りませんでした!
不明を恥じるばかりです

氏の作品は讃岐民芸館もいいし喫茶「城の眼」は内装と家具のデザインもなさったそうです
宇多津の県営団地もいいですねえ
今度香川県に行った時の楽しみが増えました
イズミ家住宅は私邸だしちょっと無理かなあ

なおB5サイズ84pでカラー図版と図面満載の図録が無料でいただけました
送料自己負担で送付できるとのことでしたよ
香川県の方々郷土の先達の展示ですよ問い合わせてみられてはいかがですか

会期は残り少ないですが是非


〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町 075-724-7924
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
http://www.museum.kit.ac.jp/





















  1. 2018/06/02(土) 00:00:00|
  2. 行事 その他 event and others
  3. | コメント:2
次のページ