彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

中世キリスト教美術 XXX Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0004b_2017072522204167a.jpg
《デイシスの聖母》 1405 フェオファン・グレーク モスクワ ブラゴヴェシェンスキー大聖堂
"Our Lady of Deis" Pheofan · Grake  Moscow Blagovescanski Cathedral


フェオファン・グレークはビザンチン帝国からロシアに赴いたギリシャ人画家で
昨夜の記事アンドレイ・ルブリョーフの師となった人です
グレークとはギリシャ人を意味するようです
彼らふたりに次の世代の画家ディオニシーを加えて中世ロシアイコンの三巨匠で最高峰とするようです
ロシア美術ではほかのヨーロッパ諸国のようなルネサンスを迎えず歴史が進行していったようです

ロシアが生んだ後の時代の芸術家たちと通底するものを感じ取ろうとしているところです

マルク・シャガールだけ見えてきたような気がするけどユダヤ人だしなあ・・・・・・


















  1. 2017/07/30(日) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXIX Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0003b_20170725221713e5d.jpg
《聖三位一体》 アンドレイ・ルブリョーフ 1422-27
"Holy Trinity" Andrey Rublevolf 1422-27


アンドレイ・ルブリョーフについては
タルコフスキーの映画「アンドレイ・ルブリョフ」でご存知の方もいらっしゃるかもしれません
私は見たことないのですが
こういうことも含めて不明を恥じるしかありません
正教会の手触りというかエトスというかが全然つかめないでいます

anndr-b5.jpg


































  1. 2017/07/29(土) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXVIII Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0002b_20170723191200313.jpg
《デイシスの聖母》 13c末 モザイク イスタンブール アギア・ソフィア大聖堂
"Our Lady of Deis" The end of 13 c, Mosaic, Istanbul, Agia Sophia Cathedral

古代ギリシアの壺絵や古代ローマの壁画をいくつか見たことはあるのですが
正直言って時を忘れて絵に捉えられてしまうという経験はありません

初期キリスト教美術や中世キリスト教美術になると
絵の前で動けなくなるような思いが湧いてきたりします
12使徒という貴種でも英雄でもない元は市井の人間(ある意味キリストも)を
モチーフに制作し始めたことと関係あるような気がします
























  1. 2017/07/24(月) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXVII Be in love in the Western Middle Ages



《聖母子》 7c イコン ローマ サンタ・フランチェスカ・ロマーナ教会
"Virgin and Child" 7c Icon Rome Santa Francesca Romana Church

美術工芸に携わるものがいくら精進を重ね手の巧緻性を高め
合理的な空間認識合理的な人体比例の把握を手に入れようが
正教会のイコンの持つ魅力や値打ちが失せることはなさそうです
やはり絵画をはじめ美術の値打ちは心の問題であるからでしょうが
心の問題が手の巧緻性や合理的な認識を必ずしも要求しないというのは面白いことです
古来各分野の名人名工と言われる人の徒労に等しいともいえる日々の精進に稽古や練習が
いわゆる「上手」になることを必ずしも目指していないことになってしまします

それでは彼らは何を目指してルーチンワークにいそしむのか



















 
  1. 2017/07/22(土) 18:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXVI Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0002b_20170710095015118.jpg
《受胎告知》 1100 ギリシャ ダフニ修道院
"Annunciation" 1100 Greece Daphne Abbey

ビザンチン帝国の文化を受け継いでいく正教会
特異な発展を遂げるロシア・イコン
それらをシャッフルして繰り返しながめる

何かつかめるかな















  1. 2017/07/16(日) 09:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXV Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0003b_20170710094956f17.jpg
《キリストの昇天》より キリストの昇天を見守る使徒たち 11c前半 マケドニア オフリド スヴェータ・ソフィア大聖堂
'Ascension of Christ' 11c First half Macedonia Ohrid Sveta Sophia Cathedral

マケドニアなんて日本でごく普通に西洋美術史を学ぶ際には
ほとんどノーマークの地です
古代ギリシャ・ローマに目をやって
中世を駆け足で通り過ぎ
やっとイタリアルネサンスのページを開き西洋美術史の勉強が本格化するといった調子でしょうか
ヨーロッパ中世の強大国ブルガリア帝国の首都があった町オフリドなんて言われてもね

正教会の文化芸術と近代のロシア
その始まりともいえるビザンチン帝国の文化
ここに例えばドストエフスキー的なものトルストイ的なもの
チャイコフスキー的なものラフマニノフ的なものその他諸々を感じ取ろうとする試みは無駄なことでしょうか

カトリックとプロテスタント
それぞれお国柄であったり人生に向かう態度であったり
なんとなく手触りのようなものを感じ取れるのですが
正教会のそれは?????

彫刻をつくっている経験から言わせていただければ
コンストラクティブな感銘を受ける造形表現が多くはないような・・・・・・・
















  1. 2017/07/15(土) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXIV Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0001b_20170709224754343.jpg
《聖ディミトリオスと聖職者たち》 7c中ごろ ギリシャ テッサロニキ アギオス・ディミトリオス聖堂

原画はモザイクで私がヨーロッパ中世のキリスト教美術への関心を持つきっかけになった作品です
聖ディミトリオスは初期キリスト教の殉教者の一人ですが詳しいことはわかりません


具体的な人物を表しながら観念的な形体

人物の形を目で追っていくうち
図示されたものとは別次元の
モザイクが放つ色彩の法悦のようなものに捉えられてしまいました
曰く説明しがたい経験です

そういった経験を通じて私は「抽象」絵画の意味をすんなりしっかり会得できたように思っています



















  1. 2017/07/10(月) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXIII Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0001b_20170603200400c45.jpg
〈聖ゲオルギウス〉  ノーヴゴロト派 15c初  サンクトペテルブルク ロシア美術館 より

ジョージやジョルジョにゲオルクなどがゲオルギウスの転訛であることをご存知の方は多いかと思います
聖ゲオルギウスはイングランドやジョージ(グルジア) モスクワの守護聖人で
特にイングランドは白地に赤い十字の図案のセント・ジョージ・クロスを国旗に採用しています
サッカーワールドカップの中継などでよくみかけますよね

ちなみにイギリスの国旗ユニオンジャックは
アイルランドの旗セント・パトリック旗(白地に赤の斜め十字)
スコットランドの旗セント・アンデレ旗(青地に白の斜め十字)
にイングランドの旗を組み合わせたものです
時節柄イギリス在住国籍のイスラム教徒の方々の心情が思われます
もちろん逆の新月を配した国旗の国に住むキリスト教徒の場合もあることですが
イギリスの場合は中東の混乱の種を撒いた重大な原因者として事態の収拾に努める姿を見せてほしいものです
イギリスが中東難民に門戸を開くのは当然の責務と思うのですが・・・・・・
















  1. 2017/07/08(土) 09:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

カワラナデシコ  Fringed pink (夏の草 Summer grass XXXIV)

IMG_0011b_20170702191516dc5.jpg

初めてカワラナデシコを見た時 てっきり栽培種かと思いました
野生種なのにこのヒラヒラ感は何でしょうね
一体誰を誘っているんだか

































  1. 2017/07/06(木) 00:00:00|
  2. 夏の草 summer grass
  3. | コメント:0

野イチゴ Wild Strawberries (夏の草 Summer grass XXXIII)




子供のころ
道端で野イチゴを見つけると
どうしてあんなにうれしかったんだろう



















































  1. 2017/07/03(月) 00:00:00|
  2. 夏の草 summer grass
  3. | コメント:0
次のページ