彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

Colours  XCI




地味な色を使い何か豊かな感じ明るい感じ強靭な感じが出ないかと取り組みました
いわゆる印象派の色使いにも飽きてきた頃の・・・・・
和の配色の美しさ豊かさに気付き始めた頃の・・・・・
・・とでもいいましょうか

世界は美しいと思えたのだから当時の私はとんだ果報者です



















  1. 2016/06/29(水) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Colours XC  

scan-018b_20160522195026235.jpg

小学生の頃福知山市を通る山陰本線は全線が単線で
列車がすれ違う時には特急急行鈍行と優先順位がありました

夏休みなどに福知山からたまに京都へ出て
日も暮れようかというころ普通列車に乗り帰路につくと
市街地を抜けて保津峡辺りで真っ暗になり園部辺りになると通勤の人たちもほとんどいなくなり
福知山の終点まで車内は一人でボックス席を占領できるほどガランとなります
普通列車は一つ一つの駅で停車時間をたっぷり取り
行き違い列車遅延のためさらに数十分停車なんてことも珍しくありませんでした
丹波の田舎の駅は商店街とてなく駅舎の向こうには真っ暗な田んぼが広がっているだけ
ただ天井の扇風機の音と夏虫とカエルの鳴く声だけが聞こえていました

















  1. 2016/06/27(月) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:2

Colours LXXXIX

scan-003b_20160526221416066.jpg


さあて
大阪と香川の展覧会も無事終了しやっと身辺が落ち着いてきました
またまたColoursを再開します

イギリスの水彩画家に敬意を払いColoursとイギリス綴りにしていますが
イギリスどうなっちゃうんでしょうか
フランス人とはまた違ったプライドの高さをもってるんですね
今までイギリス人と接して辟易するようなプライドや自己主張を感じたことなかったのでビックリです
日本人のような慎み深さすら感じてたんですが・・・・・



























  1. 2016/06/26(日) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Art Summit On the 御山 2nd 開催報告  Art Summit On the Miyama REPORT 

IMG_0003b_20160508084152f83.jpg IMG_0004b_20160508084153509.jpg

たくさんのご来場感謝いたします
監視員もいない夜も入り放題の会場で会期中作品の破壊等の事故もなくおわりました
改めて香川県の民度の高さを感じた展覧会でした
では作品のご紹介をします
敬称は略させていただきます

025b_201606201851440c3.jpg
アキホ・タタ「福桃来」


018b_20160620151552a31.jpg
大川原誠人「何処吹く風」


023b_201606082229337eb.jpg 024b_20160608222934844.jpg 025b_201606082229360c0.jpg 028b_20160608222937c37.jpg
岡山富男「お願い」


029b_20160620151354bb9.jpg
貴志勉「3.6M」


036b_20160608223402ebc.jpg
木下順「うたげ」


018b_20160608223454d0c.jpg
サトーキミエ「風にワルツ」


006b_201606201441065a0.jpg
佐藤富士夫(世代」


015b_201606201518183fd.jpg

004b_201606201445083ed.jpg
島田君子「精なるふくろうたち」


034b_20160620144808eda.jpg
鈴木麗香「分裂する赤」


011b_20160620145031a00.jpg
染仁「繁栄」


007b_201606201453572fd.jpg
田中保基「何がみえる?」


003b_20160620145652404.jpg
とらまるパペットランド創作部「Gate of ・・・」


014b_20160620145902120.jpg
長野由美「想の実」


031b_20160620150036bee.jpg
平野年紀「People」


002b_20160620150300137.jpg
山端篤史「concentración」


005b_20160620150738088.jpg
ルカ・ローマ「LINEE SUTILI」


036b_20160620152350bb2.jpg
「インド風のトルソ」拙作の展示状況です














  1. 2016/06/21(火) 00:00:00|
  2. お知らせ information
  3. | コメント:6

2016 CAF.Nびわこ展 開催報告 CAF.N BIWAKO Exhibition in Shiga Japan report

IMG_0001b_20160508083129e13.jpg IMG_0002c_20160508082735253.jpg

去る5月7日から15日開催されたCAF.Nびわこ展の様子をお伝えいたします
作者名の敬称は略させていただきました

012bv.jpg
壁面左から:上木淳吉2点 初田寿3点
床面手前から:辻並啓子 志水昌弘 川井健司

011b_20160607112623363.jpg
壁面左から:久保直美 衣笠泰介 小泉里美 山田俊行 
床面手前から:辻並啓子 志水昌弘 川井健司

013b_20160607113202e7c.jpg
川井健司

014b_201606071144530e6.jpg
壁面右から:初田寿 上木淳吉 並河冨美代 山田俊行

015b_20160607114942518.jpg
壁面左から:下川まち子 水嶋のマスク
床面:水嶋

019b_20160614195405439.jpg
水嶋康宣

021c.jpg
壁面左から:藤原みどり 三谷幸雄 秋山文生 小泉桂子
床面:堀健

001b_20160607115930f27.jpg
壁面左から:浅井文昭 笹部紀子 松田フサ子 金原京子
床面手前から時計回りに:堀健 藤原昌樹 加藤志津子

002b_201606120740227a0.jpg
壁面左から:三谷幸雄 秋山文生 小泉桂子 浅井文昭 笹部紀子
床面左から時計回りに:堀健 藤原昌樹 加藤志津子

003b_20160607120947fb6.jpg
壁面左から:下川まち子 水嶋のマスク 藤原みどり 三谷幸雄 秋山文生 
床面手前から:藤原昌樹 加藤志津子 堀健 水嶋

004b_2016060712134569a.jpg
壁面右から:下川まち子 フジイタケシ 鳥居宏 森本恭代 藤原和子
床面右から:水嶋 下村千砂子展示用小道具 まつもとやすこ
宙吊りのもの:下村千砂子

005b_20160607121951c8d.jpg
下村千砂子

006b_201606071220402fc.jpg
壁面左から:北川和 新井知生 山中隆 よでん圭子
床面手前から時計回りに:種池仁志 日花治子 うらゆかり 池田丈一

007b_20160607122859802.jpg
壁面左から:片山龍一 渋谷信之 北川和 新井知生
床面手前から時計回りに:池田丈一 種池仁志 日花治子

023b_20160607123621772.jpg
池田丈一

024b_20160607123720fa5.jpg
うらゆかり

025b_2016060712391147d.jpg
壁面左から:山中隆 よでん圭子 高田靖子

026b_20160607125340faa.jpg
壁面左から:鳥居宏 フジイタケシ 下川まち子
床面;種池仁志
宙吊りのもの:下村千砂子 

010b_20160607124732aa8.jpg
壁面左から:片山龍一 渋谷信之 正面壁とばして 山中隆 よでん圭子 高田靖子
床面手前から:まつもとやすこ 種池仁志 日花治子

009b_20160607124152fd2.jpg
壁面左から:高田靖子 藤原和子 森本恭代 鳥居宏 片山龍一
床面手前から時計回りに:日花治子 池田丈一 まつもとやすこ 種池仁志











たくさんのご来場ありがとうございました

  1. 2016/06/13(月) 00:00:00|
  2. お知らせ information
  3. | コメント:0

インド風のトルソ India-style torso

068b_20160604090646d4e.jpg


インド風といっても具体的などの時代のどの彫刻を指すといったものではなく
展覧会や画集などで目にしたヒンドゥー教文化が花盛りの頃のといった認識しかないのですが・・・・・
でも私の中では頭にこびりついて離れない形態感覚なのです
日本では平安時代前期
弘仁貞観仏といわれる一群の仏像との形態感覚の通底が想われます

それら西洋の彫刻の理にはない面とボリュームの扱い―非常に粘りのある、まるで風船をつかんでくびれを作ったような塊りとでもいうような―を前にすると
いつも自分の立ち位置を詰問されているような不思議な興奮を覚えます












IMG_0003b_20160508084152f83.jpg IMG_0004b_20160508084153509.jpg
Art Summit On the御山 2nd に出品しています終了しました ご来場ありがとうございました
*第3回姫路城現代美術ビエンナーレ2012に展示したものです



  1. 2016/06/06(月) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:0

マリリン Marilyn

大阪御堂筋アートの出品作です
主催者に提出したコメントを添えておきます

080b.jpg



マリリンとはキリスト教の聖女であるマグダラのマリアからきた愛称です。
キリスト教において聖母マリアが超越的で理想的な女性として表現されるのに対し
マグダラのマリアはそれを補うかのように女性の様々な人間的な有様を以って表現されています。
もともとはイタリアルネサンスの巨匠ドナテッロに対する私の敬愛があり、
代表作「マグダラのマリア」にあやかりたいという願いがあってのことです。
この作品ではドナテッロの語法に依って
若々しい女性の官能性と生命力の核のような造形表現を目指しました。










IMG_0002b_20160508083658147.jpg IMG_0001b_201605080836564eb.jpg



  1. 2016/06/05(日) 00:00:00|
  2. 彫刻 sculpture
  3. | コメント:0