彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

古美術研究 XXIII  ―Antique art study Portrait of Kukai




元の像は どこにある いつ頃のものなんだか・・・・・
(たぶん)弘法大師座像  室町時代  *金剛峯寺











  1. 2015/03/30(月) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:0

古美術研究 XXII  ―Antique art study   Mask of the Noh comedy

IMG_0005b_2015032713452250c.jpg

狂言面 「福の神」













  1. 2015/03/28(土) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:2

古美術研究 XXI  ―東洋陶磁 Antique art study―Oriental ceramic ware

IMG_0002b_20150322075831969.jpg

唐物大海茶入  元~明  Karamono(originated in China) chaire(tea caddy) Yuan dynasty - Ming dynasty
青磁千鳥香炉  元~明  Celadon porcelain incense burner Yuan dynasty - Ming dynasty
*毛利博物館  Mori Museum















  1. 2015/03/23(月) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:0

古美術研究 XX  ―東洋陶磁 Antique art study―Oriental ceramic ware

IMG_0001b_20150321235519ab9.jpg

萩銹絵花文茶碗、他  Tea bowl with a design of flower,and other
*毛利博物館  Mori Museum












  1. 2015/03/22(日) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:0

古美術研究 XIX  ―東洋陶磁 Antique art study―Oriental ceramic ware

IMGb_20150316181622d12.jpg

出雲茶碗 「銘 山里」 伝倉崎権兵衛  江戸時代  Izumo-jawan (Izumo tea bowl) "signature mountain village" biography Gonbee Kurasaki Edo era
茶杓 tea scoop
萩茶碗 Hagi-jawan (Hagi tea bowl)
*毛利博物館  Mori Museum

雪舟の山水長巻が見たいと急に思い立って山口県の防府へ
深夜到着し駅前のロータリーで車中泊
あくる朝はやくから毛利博物館を訪ねました

なんと山水長巻は京都国立博物館へ寄託中

でもさすが毛利氏のコレクション 名品が目白押しでした










  1. 2015/03/21(土) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:0

古美術研究 XVIII  ―東洋陶磁 Antique art study―Oriental ceramic ware

IMG_0032b_201506280543078ae.jpg

赤楽茶碗 銘「無一物」 長次郎  Red Raku tea bowl, 'Muichibutsu'  Chojiro
*頴川美術館 Egawa Museum of Art

千利休が直接指導し作らせたという長次郎の茶碗をまとめて見たことがあります
それまで私が古田織部をはじめとする大大名のお庭焼と収集品 著名実業家の数寄者の作陶や収集品からいだいていた茶道のイメージとまったく合致せずその変更を迫られて随分戸惑いを感じたものでした

なんの切れ味も鋭さも無く けれん味のない造形 愚鈍とまでは言わないものの・・・

不器用な人だけに許される 不器用な人が誠実に丹精込めて作り上げたときにだけ姿を「たまに」見せるある徳質―偉大なる凡庸 とでもいうような―
そんなことをひたすら感じていました

私はそもそも野上弥生子の「秀吉と利休」が千利休との出会いの始まりで
後代の小説や数寄者の行状を予備知識で入れてから長次郎の茶碗をまともに鑑賞したもので
それは茶道の成り立ちから言っても逆だったようです

大徳寺に残る茶室 長次郎の茶碗 手製の茶杓・・・・・・
千利休の理想とするイメージは私の中で未だまとまったものになりません
と いうか 実は特別な所など何も感じないのです
しかしそれこそが彼の理想であって―
千利休については「普通」や「平凡」「日常」を拠り所に探っていこうかと考えています
偉大な日常を見た者利休

樂美術館









  1. 2015/03/16(月) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:0

梅の花 Plum Blossoms Ⅶ

IMGb_20150314231643da6.jpg












  1. 2015/03/15(日) 00:00:00|
  2. 花 flower
  3. | コメント:0

梅の花 Plum Blossoms Ⅵ

IMG_0001b_20150313105417fc0.jpg

あっという間に3月半ば
今年は1月からいろいろありましたが
はやいな


梅の花の味わいというものが最近分かる気がしてきました

ホワイトデーによせて
女性のみなさんへ感謝をこめまして












  1. 2015/03/14(土) 00:00:00|
  2. 花 flower
  3. | コメント:2

古美術研究 XVII  ―東洋陶磁 Antique art study―Oriental ceramic ware

IMG_0031b_20150312201133311.jpg

木葉文様天目茶碗  吉州窯 宋  Leaf pattern tea bowl, Ji-zhou kiln, Sung Dynasty
*大阪市立東洋陶磁美術館












  1. 2015/03/13(金) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:0

古美術研究 XVI  Antique art study

IM_0026-2b.jpg

茶釜(芦屋釜)  Chagama (iron tea ceremony pot)  made in Ashiya, Fukuoka prefecture
*京都国立博物館 Kyoto Natl. Museum

ながらく茶道具の名器芦屋釜の産地は兵庫県の芦屋だと思っていましたが
福岡県の北九州市から海沿いに西へ行った遠賀川河口の町 芦屋が産地でした
近くは何回も車で通っているのにうかつでした
こんど九州に行ったらよってみよう
芦屋町公式ホームページ













  1. 2015/03/09(月) 00:00:00|
  2. 古美術研究 antique art study
  3. | コメント:2
次のページ