彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

秋の雨 Autumn Rain   ― 雨で石膏を硬化させるイベント Event to hardened plaster in the rain  ― 

貝塚まちなかアートミュージアム2016の出品作です
貝塚市水間地区のK氏宅の庭をお借りしました

庭にあった枯れた池と蹲
水のあり様を楽しむための設えに粉末の石膏を入れ
雨によって硬化させるイベントを行いました
DSC02243b.jpg

DSC02288b_20161130224218203.jpg ←クリック拡大

DSC02298b.jpg ←クリック拡大



  ―会場のキャプションに添えた文章より

「私たち日本で美術に携わる者は誰しも、その色合いや素材の選択、世界観の形成などについて日本の風土が織り成す風景と生活文化の影響を抜きに考えることはできないと思います。
そして日本の風土が織り成す風景と生活文化の正体はといえば、それはこの地域独特の気候による豊富で澄明な水をもたらす降雨とはっきりとした四季の変化であると気付かされます。
初めてこの松本氏邸を下見に訪れた時、水間地区全体を滔々と流れる用水を引き込み、庭に池や幾つもの手水鉢など水を楽しみ愛でるための設えが多くあるのに驚きました。
そして改めて日本人と水との関わり合いについて考えずにいられませんでした。

古来、日本美術には山水図や四季耕作図など水と季節とヒトの営みとの強い関わりを表現したものが数多く存在します。この度私が試みたことは、そうした伝統の上に立ち新しくその伝統につなげていけるものはないものかと思案した結果です。
石膏を屋外に放置すれば湿度に反応し、いずれ数日のうちに雨水によって硬化する―そんな日本では当たり前の事柄に、私は驚き感謝したいと思います。

貝塚に降る秋の雨の一粒一粒を石膏の痕跡と結晶(CaSO₄・2H₂O)に残し、この試みは完成します。」






DSC02293b.jpg


DSC02290bb.jpg

DSC02253b.jpg
池と蹲とは別に蹲を二つ庭に設えておられます

DSC02265b.jpg
通りより望むK氏宅
石垣の上の植栽の中に池があります


展覧会全体のレポート記事は現在編集中です
出来上がり次第アップロードします お楽しみに!









テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/12/01(木) 00:00:00|
  2. インスタレーション Installation
  3. | コメント:2