彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

中世キリスト教美術 XXXIII Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0002b_201708060725325c5.jpg
《マリア》 メルキオール・ブルーデルラム  1394-99  ディジョンの祭壇画より
"Maria"Melchior Broederlam 1394-99  From the Dijon altarpiece

メルキオール・ブルーデルラムは
ロベルト・カンピン
ヤン・ファン・アイク
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン
など後に続く画家たちとともに初期フランドル派を代表する画家です

長くイタリアで過ごし研鑽を積んだのち重要な宮廷画家となりました
遠近法への興味
光と影
写実的で「自然な」人物の風貌など
後代のフランドルで大きく発展していく要素を持っています

延々と先例を守りかたくなに模写を続けてきたロシアイコンと対照的です

なおフランダースの犬の最終回
画家になる夢を持ちながらも果たせず
短い人生に疲れ果てて
天に召されていくネロとパトラッシュの前の祭壇を飾っていたのは
フランドル派バロック期-17c-の巨匠ルーベンス(1577-1640)の絵です
このくだりは思い出すだけでも泣けてきますよね


本ブログのフランドル派の画家に関する記事も併せてご覧ください
ルーベンス→http://sketchbookbysculptor.blog.fc2.com/blog-category-65.html
レンブラント→http://sketchbookbysculptor.blog.fc2.com/blog-category-66.html




















  1. 2017/08/07(月) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXXII Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0004b_201708052302536de.jpg
《マリア》ディオニシー工房 1500-1502 アカチスト聖母讃歌の一場面 フェラポントフ修道院
"Maria" Dionysy Studio 1500-1502 scene of the Virgin Mary Hymn Ferapontoff Monastery Russia

ディオニシーは存命中に名をはせ
高位高官から続々と注文を受けていたようです
彼はギャグを言ってふざけるのが大好きな軽いヒトだったようですが
作品は瀟洒で品があり崇高な気分を湛えています
ちょうどこのブログでもとりあげ模写を何枚かアップした鴨居玲のような人だったのかなと
想像をふくらませています


ところで西欧でロシアイコンの価値を最初に認めたのはゲーテなんだそうです
さすがの人ですねゲーテは
そしてその次はアンリ・マチス
コレクターに招かれ出かけたロシアで出会い驚愕したようです
モローの教室で学び
ゴーギャンやセザンヌからの影響を消化して晩年の切り紙へと展開していく彼の画業を考えると
特に空間認識や自然な描写を必要としないで崇高さを実現するロシアイコンのあり方は
彼の方向性に勇気を与える一つの解答であったように思えてなりません


















  1. 2017/08/06(日) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXXI Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0003b_2017080220195394f.jpg
《ドンの聖母》 フェオファン・グレーク 1380-90 トレチャコフ美術館蔵
"Our Lady of Don" Pheofan · Grake 1380-90   Tretyakov museum




20世紀初頭のロシア芸術は
レオン・バクスト,ワスラフ・F.ニジンスキーらを擁するセルゲイ・P.ディアギレフに率いられたロシア・バレエ団が
パリをはじめ各地で公演し当時のヨーロッパ美術にも大きな影響を与えました。(A・ロダンがニジンスキーをモデルに制作しています)

当時のモスクワはパリ,ミュンヘンに劣らぬ前衛の拠点でもあったようで
彫刻ではウラジーミル・E.タトリン,ナウム・ガボ,アントアーヌ・ペブスネルの構成主義
アレクサンドル・アルキペンコ,オシップ・ザッキン
絵画ではカジミール・S.マレービッチ,エル・リシツキーのシュプレマティスム
ワシリー・カンディンスキー,マルク・シャガール
らの重要な芸術家が登場しています

19世紀から続々登場する作曲家たちと合わせ
これらの出来事をイコンや東方正教会との関連一辺倒で考えるのはさすがに無理で
ピョートル大帝やドイツから嫁いできたエカテリーナ二世の西欧化政策の種が花開いたとすべきなんでしょう
ただ美術に関し
あたかも視覚に帰依するかのごとき
観察をベースにイメージを展開する芸術家が見当たらないのはイコンの制作プロセスとの関連で
面白いなと思います

ソビエトロシアの社会主義リアリズムと言うものがありますが
「リアルに」描かれているのは農民であったり下層の労働者であったりと
モチーフの選択に主張のための利用があり
私の今言う意味での視覚への帰依ではありません








































  1. 2017/08/05(土) 08:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXX Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0004b_2017072522204167a.jpg
《デイシスの聖母》 1405 フェオファン・グレーク モスクワ ブラゴヴェシェンスキー大聖堂
"Our Lady of Deis" Pheofan · Grake  Moscow Blagovescanski Cathedral


フェオファン・グレークはビザンチン帝国からロシアに赴いたギリシャ人画家で
昨夜の記事アンドレイ・ルブリョーフの師となった人です
グレークとはギリシャ人を意味するようです
彼らふたりに次の世代の画家ディオニシーを加えて中世ロシアイコンの三巨匠で最高峰とするようです
ロシア美術ではほかのヨーロッパ諸国のようなルネサンスを迎えず歴史が進行していったようです

ロシアが生んだ後の時代の芸術家たちと通底するものを感じ取ろうとしているところです

マルク・シャガールだけ見えてきたような気がするけどユダヤ人だしなあ・・・・・・


















  1. 2017/07/30(日) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXIX Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0003b_20170725221713e5d.jpg
《聖三位一体》 アンドレイ・ルブリョーフ 1422-27
"Holy Trinity" Andrey Rublevolf 1422-27


アンドレイ・ルブリョーフについては
タルコフスキーの映画「アンドレイ・ルブリョフ」でご存知の方もいらっしゃるかもしれません
私は見たことないのですが
こういうことも含めて不明を恥じるしかありません
正教会の手触りというかエトスというかが全然つかめないでいます

anndr-b5.jpg


































  1. 2017/07/29(土) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXVIII Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0002b_20170723191200313.jpg
《デイシスの聖母》 13c末 モザイク イスタンブール アギア・ソフィア大聖堂
"Our Lady of Deis" The end of 13 c, Mosaic, Istanbul, Agia Sophia Cathedral

古代ギリシアの壺絵や古代ローマの壁画をいくつか見たことはあるのですが
正直言って時を忘れて絵に捉えられてしまうという経験はありません

初期キリスト教美術や中世キリスト教美術になると
絵の前で動けなくなるような思いが湧いてきたりします
12使徒という貴種でも英雄でもない元は市井の人間(ある意味キリストも)を
モチーフに制作し始めたことと関係あるような気がします
























  1. 2017/07/24(月) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXVII Be in love in the Western Middle Ages



《聖母子》 7c イコン ローマ サンタ・フランチェスカ・ロマーナ教会
"Virgin and Child" 7c Icon Rome Santa Francesca Romana Church

美術工芸に携わるものがいくら精進を重ね手の巧緻性を高め
合理的な空間認識合理的な人体比例の把握を手に入れようが
正教会のイコンの持つ魅力や値打ちが失せることはなさそうです
やはり絵画をはじめ美術の値打ちは心の問題であるからでしょうが
心の問題が手の巧緻性や合理的な認識を必ずしも要求しないというのは面白いことです
古来各分野の名人名工と言われる人の徒労に等しいともいえる日々の精進に稽古や練習が
いわゆる「上手」になることを必ずしも目指していないことになってしまします

それでは彼らは何を目指してルーチンワークにいそしむのか



















 
  1. 2017/07/22(土) 18:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXVI Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0002b_20170710095015118.jpg
《受胎告知》 1100 ギリシャ ダフニ修道院
"Annunciation" 1100 Greece Daphne Abbey

ビザンチン帝国の文化を受け継いでいく正教会
特異な発展を遂げるロシア・イコン
それらをシャッフルして繰り返しながめる

何かつかめるかな















  1. 2017/07/16(日) 09:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXV Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0003b_20170710094956f17.jpg
《キリストの昇天》より キリストの昇天を見守る使徒たち 11c前半 マケドニア オフリド スヴェータ・ソフィア大聖堂
'Ascension of Christ' 11c First half Macedonia Ohrid Sveta Sophia Cathedral

マケドニアなんて日本でごく普通に西洋美術史を学ぶ際には
ほとんどノーマークの地です
古代ギリシャ・ローマに目をやって
中世を駆け足で通り過ぎ
やっとイタリアルネサンスのページを開き西洋美術史の勉強が本格化するといった調子でしょうか
ヨーロッパ中世の強大国ブルガリア帝国の首都があった町オフリドなんて言われてもね

正教会の文化芸術と近代のロシア
その始まりともいえるビザンチン帝国の文化
ここに例えばドストエフスキー的なものトルストイ的なもの
チャイコフスキー的なものラフマニノフ的なものその他諸々を感じ取ろうとする試みは無駄なことでしょうか

カトリックとプロテスタント
それぞれお国柄であったり人生に向かう態度であったり
なんとなく手触りのようなものを感じ取れるのですが
正教会のそれは?????

彫刻をつくっている経験から言わせていただければ
コンストラクティブな感銘を受ける造形表現が多くはないような・・・・・・・
















  1. 2017/07/15(土) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0

中世キリスト教美術 XXIV Be in love in the Western Middle Ages

IMG_0001b_20170709224754343.jpg
《聖ディミトリオスと聖職者たち》 7c中ごろ ギリシャ テッサロニキ アギオス・ディミトリオス聖堂

原画はモザイクで私がヨーロッパ中世のキリスト教美術への関心を持つきっかけになった作品です
聖ディミトリオスは初期キリスト教の殉教者の一人ですが詳しいことはわかりません


具体的な人物を表しながら観念的な形体

人物の形を目で追っていくうち
図示されたものとは別次元の
モザイクが放つ色彩の法悦のようなものに捉えられてしまいました
曰く説明しがたい経験です

そういった経験を通じて私は「抽象」絵画の意味をすんなりしっかり会得できたように思っています



















  1. 2017/07/10(月) 00:00:00|
  2. 中世キリスト教美術 Middle Ages Christianity art
  3. | コメント:0
次のページ