彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

Colours XCV ― 夏草や兵どもが夢の跡

Summer grasses、All that remains、Of warriors' dreams. -Basho Matsuo


暑い一週間でした
梅雨明けのような晴天の日は頭がクラクラしました その日は同僚が気分悪くなってまだ朝のうちに早退しました

今日は一転大雨になりそうだとか
困るなあ来週の出品準備大詰めなのに


わたしの夢の跡 残ってくれるのかなァ























  1. 2016/07/09(土) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Colours XCIV 





今年もこんなに早いうちから猛暑日がやってくるとはね
ワタシラ外の仕事してるモンにはかないませんな

昨日は10時休憩の時にはもう汗まみれ
軽くめまいのような頭痛のような
熱中症の軽いやつでしょうか
1日現場で水分4リットル生活はじまりました

でもね
スポーツドリンクは飲みすぎて糖尿病になる人いるとか
ジュースは糖分取り過ぎとか
紅茶は度がすぎると結石ができるとか

まだまだあるぞ
腹八分目に食ったらカロリーオーバーとか
油脂の形でカロリー摂るなとか
痩せたかったら粉食するなとか

要するにうまいものみんな毒じゃないか
健康体を維持する生活ってつまらないですね
























  1. 2016/07/05(火) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Colours  XCIII





また今日も暑い一日になりそうです
雨は降らないのかな
雨が降らなくとも汗と泥とで帰る頃にはドブネズミ(+_+)























  1. 2016/07/04(月) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Colours XCII

scan-006b.jpg

これ なつかしいのです
自分の作品を見てどうして懐かしい感情が湧いてくるのか・・・・

子どもの頃
こんな配色のパジャマを着せられていたような気がします
柄はどのようなものだったのか





















  1. 2016/07/03(日) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Colours  XCI




地味な色を使い何か豊かな感じ明るい感じ強靭な感じが出ないかと取り組みました
いわゆる印象派の色使いにも飽きてきた頃の・・・・・
和の配色の美しさ豊かさに気付き始めた頃の・・・・・
・・とでもいいましょうか

世界は美しいと思えたのだから当時の私はとんだ果報者です



















  1. 2016/06/29(水) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Colours XC  

scan-018b_20160522195026235.jpg

小学生の頃福知山市を通る山陰本線は全線が単線で
列車がすれ違う時には特急急行鈍行と優先順位がありました

夏休みなどに福知山からたまに京都へ出て
日も暮れようかというころ普通列車に乗り帰路につくと
市街地を抜けて保津峡辺りで真っ暗になり園部辺りになると通勤の人たちもほとんどいなくなり
福知山の終点まで車内は一人でボックス席を占領できるほどガランとなります
普通列車は一つ一つの駅で停車時間をたっぷり取り
行き違い列車遅延のためさらに数十分停車なんてことも珍しくありませんでした
丹波の田舎の駅は商店街とてなく駅舎の向こうには真っ暗な田んぼが広がっているだけ
ただ天井の扇風機の音と夏虫とカエルの鳴く声だけが聞こえていました

















  1. 2016/06/27(月) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:2

Colours LXXXIX

scan-003b_20160526221416066.jpg


さあて
大阪と香川の展覧会も無事終了しやっと身辺が落ち着いてきました
またまたColoursを再開します

イギリスの水彩画家に敬意を払いColoursとイギリス綴りにしていますが
イギリスどうなっちゃうんでしょうか
フランス人とはまた違ったプライドの高さをもってるんですね
今までイギリス人と接して辟易するようなプライドや自己主張を感じたことなかったのでビックリです
日本人のような慎み深さすら感じてたんですが・・・・・



























  1. 2016/06/26(日) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Colours LXXXVIII In a Song dynasty style

scan-014b_2016060523160730d.jpg


北宋南宋の絵画が日本の絵画の理念技術共の成立に決定的な影響を与えたと感じています
人との折々の話題
絵画観や芸術観に話題が及ぶと見事にそれが顔を出し
もう日本人の血肉と化しているのだなあと感慨にふけることもあります


このあいだたまたま見に行った展覧会でその南宋の馬遠の佳品をみつけしばらく動けなくなりました
描かれておおむね800年ぐらいは経っているはずです
褐色に古びた絹本の味がさらに豊かさを画面に与えていました


























  1. 2016/05/24(火) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Clair de Lune  ‐ Colours LXXXVII

scan-015c.jpg

ドビュッシーの響きを添えて


















  1. 2016/05/22(日) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0

Colours  LXXXVI

scan-011b_20160520083449cb3.jpg

新緑の峠の道を走っていると時折赤紫のヤマツツジ目をひきます





















  1. 2016/05/21(土) 00:00:00|
  2. 色彩研究 color study
  3. | コメント:0
次のページ