彫刻家の素描手帳 -Sketchbook by sculptor-

京都で彫刻家として活動しています。素描を主にお見せします。In Kyoto, working as a sculptor. The show mainly drawings.The one wants to look at a sculpture, please click the "sculpture" of the left category column. Thank you!

瀬戸内海の風景 XXXIII -屋島-  Japanese Inland Sea. Yashima 

scan-003b_2015110106484802b.jpg

屋島は私のようなよその人間でも遠くから見てすぐにそれとわかります
屋島は海から見るべしとフェリーから眺めたことがありますが
この姿を瀬戸内海を行きかう古来からの偉人武人たち平清盛も幾度となく見たのかと感無量でした

ふもとで大きなゲソの天ぷらののった讃岐うどんを汁まで飲み干したあと
平家物語の舞台となった源平の合戦の古戦場や行宮の跡をたしかめながら(壇ノ浦という字も同じ地名があったり!)坂道を登っていくと大きな頂上の駐車場に出ました
下から頂上は真っ平らに見えるのですが上ってみると北嶺(北側)と南嶺(南側)にわかれ間は浅い谷になっていました
その南嶺に屋島寺と駐車場がありました
休憩用の東屋の目の前は北嶺で海はよく見えませんでした

わたしが東屋で画材を広げスケッチしていると
屋島寺の境内でもある頂上を掃除している地元の方々が休憩にやって来ました
とりとめのない世間話で私が京都から来たと知ると
その中のお一人が京都の大学へ進学しそのまま結婚し宇治市に住まいされている娘さんの話をひとしきりされたあと
いい趣味ですねぇ邪魔したねと一言残して次の仕事へ行かれました











  1. 2017/02/26(日) 00:00:00|
  2. 瀬戸内海 Japanese inland sea
  3. | コメント:2

瀬戸内海の風景 XXXII -今治-  Japanese Inland Sea. Imabari

IMG_0001b_20160410211820b4c.jpg

今治の来島海峡大橋の側道を海の際まで下りて
見えているのはしまなみ海道の島の連なりと思っていたら
手前は来島でその奥は四国本島の大角鼻だったようです
要するにしまなみ海道とは全然違う方向の西を向いていたようです























  1. 2017/02/25(土) 00:00:00|
  2. 瀬戸内海 Japanese inland sea
  3. | コメント:0

瀬戸内海の風景 XXXI -生口島からの伯方島の眺め-  Japanese Inland Sea. View of the Hakata-jima Island from Ikuchi-jima Island

IMG_0005b_20161028201831e32.jpg

生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋の下あたりから見た伯方島です
伯方島は伯方の塩がつとに有名ですが元々は瀬戸内海各地で見られた製塩法をかたくなに守って製塩しておられます

なお「多々羅」はあの大山祇神社がある大三島にある地名です
神社に奉納された数々の刀剣類を鑑みると製鉄や鍛冶と関係のある地名でしょうか


 




  1. 2017/02/24(金) 00:00:00|
  2. 瀬戸内海 Japanese inland sea
  3. | コメント:0

瀬戸内海の風景 XXX -岩城島から見た伯方島-  Japanese Inland Sea. Hakata-jima Island seen from Iwagi-shima Island



さて「瀬戸内海の風景 XXIX -岩城島の積善山」の記事について島の方より
「私の中の積善山は、この姿です。「山は、積善、岩城富士♪」と校歌の中に歌われています。~」とコメントいただきました
ありがとうございます
誰しも二等辺三角形の山の姿を拝すると思うことは同じなのかもしれません ね




















  1. 2017/02/22(水) 00:00:00|
  2. 瀬戸内海 Japanese inland sea
  3. | コメント:0

瀬戸内海の風景 XXIX -岩城島の積善山-  Japanese Inland Sea. Mt.Sekizen-san in the Iwagi-shima Island

さて久しぶりに「瀬戸内海の風景」です
別に中断という気もなく 何かの巡り合わせでアップロードできませんでしたが
以前まとめてアップした折 公表できなかった分 また新たに描きためた分もあります
おいおいアップしていきますので楽しみにしていてください


IMG_0003b_2014082110245289c.jpg

しまなみ海道の瀬戸田PAなどから見ると
「像を飲んだうわばみ」にみえる島ですが
島の東側若干北から眺めると三角錐のすっきりした姿を現します

雨の日に














  1. 2017/02/21(火) 00:00:00|
  2. 瀬戸内海 Japanese inland sea
  3. | コメント:0

東山 Ⅹ Higashiyama -East hills of Kyoto-

IMG_0005b_201508171226199c0.jpg

今年も鴨川へ出かけて
目に入るのは見慣れた街並みに北山東山の峰々です
どうしてこんな風に飽かず眺めたり絵にかいたりできるんだろうと我ながら不思議です










































  1. 2017/02/05(日) 00:00:00|
  2. 京都 Kyoto
  3. | コメント:0

桂Ⅲ Sketch in Katura

IMG_0013b_20170128084428006.jpg

桂へ通ったのは今ぐらいの
立春をすぎたばかりの頃でした



















  1. 2017/01/29(日) 00:00:00|
  2. 京都 Kyoto
  3. | コメント:0

桂Ⅱ Sketch in Katura

IMG_0015b_201701272002569f5.jpg






















  1. 2017/01/28(土) 00:00:00|
  2. 京都 Kyoto
  3. | コメント:0

桂Ⅰ Sketch in Katura

IMG_0014b_20170126222026712.jpg

とある時
仕事で桂へ通いました
その昔は西国から京都を
防衛するための要衝の地
また京都から山陽山陰へと旅立つときの分岐点でしたが
今や昔日の面影はなく静かな住宅地です


















  1. 2017/01/27(金) 00:00:00|
  2. 京都 Kyoto
  3. | コメント:0

北山XIX Kitayama -North hills of Kyoto-

IMGb_201612252200391c8.jpg

あまり寒くならないですね































  1. 2016/12/26(月) 00:00:00|
  2. 京都 Kyoto
  3. | コメント:4
次のページ